スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代美術ですか?

きょうもまた、アメブロは写真をこんなふうにしか変換してくれないのです。




$印南敦史の武蔵野日記







現代美術ですか?







……まぁ、そう考えれば、かっこ悪くなくもない……が……。

2大漫画家といきなり飲み

きのうのことです。





夜に知人のC田くんと、「Bar Switch」で飲みながら仕事の話をしました。
いい話ができて、とても有意義な時間でした。





$印南敦史の武蔵野日記





で、気がつけば終電間近。
C田くんが「そろそろ…」というので席を立とうとしたころ、いきなり携帯が。
誰かと思えば、古い友人でもある漫画家の江口寿史氏でした。










「吉田戦車と荻窪で飲んでるんだけど、日本酒のうまい店知らない?」










なんすか、いきなり?










しかしまぁ荻窪で日本酒なら「いちべえ」と決まっているので(一回しか行ったことないけど)伝えたら、










「いま『いちべえ』を追い出されたところなんだよね」










し、知りませんわ。










ともあれ合流することに。
あれほど終電にこだわっていたC田くんも、「一緒に来ない?」と誘ったところ簡単に路線変更。
かくして「適当に入った」と連絡があった店に向かったのでした。












$印南敦史の武蔵野日記
ここ。












で、奥の席に、編集者のMのさんと一緒にこのふたりが。












$印南敦史の武蔵野日記











うー、すごいメンツだなぁ。
かくして帰るつもりが、結局は2時にお店が閉まるまで飲んだのでした。












ちなみに本日、禁酒令が言い渡されました。
当然かもしれません。

荻窪駅前、工事中(もう1年半も)

午後2時からはじまった会議が11時までかかり、遠方だったので急いで帰ったのだが、原宿駅で「御徒町で人身事故があったためしばらく停車します」とのアナウンス。




しばらくしたら「新宿駅まで進む」との声が聞こえてきたのでホッとしたものの、結局帰宅は深夜1時でござんした。








帰り着いた荻窪駅前では、昼間よりも派手に改装工事が行われていた。
ビルが建つわけでもなく、建築的要素はほとんどないにもかかわらず、もう1年半ぐらいやっている。
聞くところによれば、かかっている予算もハンパないらしい。
どうなの、それ?








$印南敦史の武蔵野日記

このような人(じゃないしね)が2体、夜空に浮いていた。
けっこうデカい。東京ドーム7個ぶんぐらい(って、うそに決まっている)。








かわいいからちょっと騙されそうになったのだが、こんなものにお金をかける必要があるのでしょうか?
こういうものは、もっと簡略化できるのではないでしょうか?








工事があまりにも長すぎるので、ついそういうことを考えてしまいます。

性格がよさそうな鬼

きょうは節分ですね。
少し前から、荻窪ルミネの地下入り口付近にも恵方巻きのポスターが掲載されていました。










$印南敦史の武蔵野日記









……え?









$印南敦史の武蔵野日記









……なんて弱気そうな鬼!









そして、いい人そう(人じゃないけどね)。









なんだか泣けてくるのは僕だけですか?

三軒茶屋にて

接待していただきました(ありがたや)。




実をいうと三軒茶屋はほとんど縁のない街なんですが、








なにこの最高な雰囲気?!








$印南敦史の武蔵野日記








気に入りました。
世田谷線を荻窪までつないでくれれば、毎日でも通うのになぁ(無理でしょう)。








ともあれカンパイ!








$印南敦史の武蔵野日記








このお店を選んでくれたのは、昔、僕のアシスタントをしてくれていた、僕のことを世界一理解してくれているN坂という男。

「印南さんは魚が好きだから」ということで魚のおいしい店を選んでくれました。
ただ、N坂に魚が好きだということを告げたおぼえはないのであったよ(まぁよい)。








ともあれ、ビックリしたのはお通しですよ。








これお通し。

















$印南敦史の武蔵野日記

普通に握り鮨だし。
しかも、めちゃめちゃウマシ!








買ったばかりのMac Book Proについて、作業用のアレコレを設定してもらったりしながら、楽しい時間を過ごしました。








$印南敦史の武蔵野日記









がんばらなくちゃな。
















ちなみに、おいしすぎましたので、お通し以降の写真は「別にいいや」と思って録りませんでした(なにその自堕落?)。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。