スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華そばなら「漢珍亭」


荻窪に戻ってきてから、また行かなきゃと思い続けていながら行けなかったのが中華そばの「漢珍亭」。
何度か紹介したことがある「三益」と並び、地味ながらも荻窪ラーメンの本質を守り続ける店なんです。



んで今日、やっと行けたというわけだ。
と書くと、いかにもここに至る道のりが遠かったかという感じである。
だが、近いんだからいつだって行けたはずだ。
つまり早い話、いままでは「その気にならなかった」だけってことなんですけどね。




$印南敦史の武蔵野日記
ルミネとタウンセブンの間の、なかなかわかりにくいロケーション。



$印南敦史の武蔵野日記
これが目印。



$印南敦史の武蔵野日記
シブすぎる入り口。



いんや~、変わってないな。
$印南敦史の武蔵野日記



で、それは中華そばの味も同じ。
ちなみにここは「味つけたまご」発祥の地でもあり、オーダーは「中華そば、味つけたまご入り」が基本です。
$印南敦史の武蔵野日記



いやいやいや、変わってない味!
これこそ荻窪!
いまどきの、塩分過多で刺激が強すぎるラーメン(それはそれでいいんだけど)とはまったく別もの。
考えてみると20年ぶり(!)だったから、なんだかビックリしちゃいましたが。


いずれにしても、これを機会にまた行こう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■リアル

間違いない荻窪スティーロ!

こういう中華そばを食べなくちゃですね。さて、いつ行こうヽ(・∀・)ノ イエイ

2 ■そうそう!

ブログには書き忘れたけど、お店のおじちゃんおばちゃんの顔も20年前のまんまでさー。

ちなみに火曜定休です。
飯時を微妙にはずした方がいいかもよ。

3 ■そうそう!

ブログには書き忘れたけど、お店のおじちゃんおばちゃんの顔も20年前のまんまでさー。

ちなみに火曜定休です。
飯時を微妙にはずした方がいいかもよ。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。