スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮の「いづみや」に惚れました





昨日は大宮で打ち合わせ。




「終わったら飲もう」と約束していたデザイナーのS藤さんとは、前から気になっていた店をたずねました。









朝の9時から営業している居酒屋である。
隣が









二軒並んでるんだから、ひとつに統合したっていいという気も。




それはともかく、なんとも素敵なこの熱気。









中生ジョッキが異常にデカいのですが、









メニューを見てみたら









大ジョッキは1リットルだそうです。






煮込みもウマイ!




しかし、これで5時前……









ちなみにコピーライターとしては、この表現にヤラれました。









違いのわかる器の大きさ




い、意味がわかるようでわからない……。
でも、なんとなくわかる気も。




なお、なぜかレシートには金額だけしか記入されないことになっており、店のおばちゃんは別紙に注文をメモしていました。






二度手間であるとツッコんではいけない。
これがこの店のルールなのだ。




我が荻窪にも「鳥もと」があるが、60年の伝統を持つというこちらも強力!




これから大宮へ行ったら、必ず立ち寄ろうと思っています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■大衆酒亭の看板と…

軒の赤い提灯の雰囲気がいいですなぁ(^_^)
昼間っから飲めて、オヤジモード全開になりそうなこの雰囲気。

実は、私も好きです…(笑)

2 ■神戸にも

似た感じの店がありますよね?
名前は忘れちゃったけど、「飲み屋兼飯屋」みたいな。
数年前に「初神戸Juicy」をやった際、朝方にみんなで飯を食いに行ったことがありますよ。
東京にはない「きつね丼」というのを食べて、ちょっと感動したのをおぼえてます。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。