スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッシュ・プロダクションズのコンピ


リニューアルするというので期待していたのに、実質的には陳列位置が移動した程度でしかなかった荻窪北口ブックオフ(あ、だけどトイレは使えるようになったよ。使ったことないけど)。




商品内容も微妙にクオリティが落ちた気がしたので「なんだかなー」と思っていたのですが、「250円オムニバス」のコーナーで意外な収穫。





$印南敦史の武蔵野日記



ななんと、80年代ブラック・コンテンポラリーを代表する、ハッシュ・プロダクションズのコンピレーションですよ。



ジャケは破壊的なセンスですけどね。



あの時代の重要なシンガーであるメルバ・ムーアが、旦那さんと設立した会社。



日本でもマニアの人たちから「ハッシュ系」という表現で紹介されていたので、なんだか気持ち悪い印象が後づけされてしまいましたが、都会的で洗練された音はどう考えたって魅力的です。



1.You Are My Lady/Freddie Jackson



2.A Little Bit More/Melba Moore with Freddie Jackson



3.Falling Melba Moore



4.Hungry For me Again/Ashford & Simpson
これだけYoutubeにアップされてませんでした。


5.Piano In The Dark/Alex Bugnon



6.Sweet love/Najee



7.Rock Me Tonight(For The Old Time Sake)/Freddie Jackson



8.(You're A)Good Girl/Lillo Thomas



9.Take It To The Limit/Ray,Goodman & Brown



10.You're All I Need(To Get By)/Sarah Dash and Patti LaBelle



11.Do Me baby/Meli'sa Morgan



12.Lift Every Voice And Sing/Melba Moore and Friends




おわかりかな? つまり、これがハッシュ・サウンド。
オヤジだと言われようが、この世界観だけは譲れません。
そして、まさにハッシュの魅力を凝縮したといっていいこのコンピに250円の値づけをしたブックオフにカンパイ!
お店をリニューアルして、トイレが使えるようになって本当によかった(しつこいよ)。




Hush Productions Music Makers, Vol. 1/Various Artists


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■すごいですね( ̄◇ ̄;)

こんにちは。

こんなコンピがあること自体しりませんでした。

Vol.1と言うことは2もあるのでしょうか…?

確かにジャケットは破壊的センスですね(-_-;)

2 ■Vol.2が

あるかどうかはわからないのですが、あるとしたら欲しいですよね。

ジャケは、やっぱり最悪でしょうけど(笑)。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。