スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出版人の生き方70講

たまたま図書館で見つけて借りた、この本を読み終えました。



出版人の生き方70講―愚直に志高き職業人であれ/田口 信義




著者の田口信義さんという方は、民事法研究会という出版社の代表取締役。
平成20年初頭から1年半かけて社員に話してきた「編集長卓話」70編をまとめたもの。




文体が柔らかく、また、ひとつの話題が見開きで終わるのでとても読みやすかったです。




しかも重要なのは、これが「出版人」だけに向けられた職業本ではない点。
出版の仕事に携わる人にしかわからないような専門的な話が書かれているのではなく、むしろターゲットは万人に向けられているわけです。



ちなみに最近いろいろ悩みごとの多い僕は、「悩んだら一歩前へ踏み出す」という項に勇気づけられました。



そのとおりだよね。
当たり前すぎて忘れかけてたもんだから、喝を入れられた気分。




真面目な考え方から察するに、この田口さんという方はご自身がメディアに出ることを好むタイプではなさそう。
しかも民事関係の書籍ばかり出している会社の方だから接点はまったくないと思われますが、もし機会があったらいつかお会いしてみたいなと思いました。



ともあれ、どんな仕事をしている人にとっても響く内容だと思います。
ぜひ一度、読んでみてください。


図書館で借りた本だとはいえ手もとに取っておきたかったので、僕も改めて購入しました。
というわけで、これから先は座右の書に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。