スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和40年男大新年会

昨日の晩は荻窪のライブハウス「ルースター・ノースサイド」で、僕が関わっている雑誌『昭和40年男』のパーティーがありました。




そんなものに人が入るのかとい危惧は当初からあって、「満員だが関係者を除くとお客さんは3人」とかだったらどうしようかと思っていたのだ。



ところが、予想以上に入りまして。



$印南敦史の武蔵野日記
乾杯風景。

$印南敦史の武蔵野日記



編集長のK村もライブをやったりして、
$印南敦史の武蔵野日記




まさかの大盛況!




$印南敦史の武蔵野日記
注:新興宗教ではありません。




当然ながら客層は昭和40年生まれ周辺だったのだが、年齢制限はなかったのだ。
そしたらなんと、このイヴェントをミクシィで知ったという21歳の学生が乱入!




$印南敦史の武蔵野日記



ちなみに当日は、ニックネームを書かされまして。
彼がダニエルなのは、ハリーポッターのダニエル・ラドクリフと似ているからだそうだが、なるほどソックリ。
彼はサイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」を歌い、会場の空気を一変させました。




$印南敦史の武蔵野日記

$印南敦史の武蔵野日記




『アメリカン・アイドル』のシーズン7で準優勝した、デヴィッド・アーチュレッタを思い出してしまった。
David Archuleta/David Archuleta



スレてないってこと、重要だよね。
忘れかけていたことを思い出させてくれたようで、とても感動しました。





【別件】

同じ人が至近距離にふたりいました。
$印南敦史の武蔵野日記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

いいな~☆
楽しそうですね~!!行ってみたいです~!
印南さんは何か披露されたんですか??

2 ■いえいえ

僕は楽器弾けませんから、おとなしく飲んでただけです。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。