スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会ったことがないNさんについて

タイトルと書体とイラストとJA共済、すべての主張がすごくて、しかも全然かみ合っていないと思いました。



$印南敦史の武蔵野日記




関係ないけど、JAといえば……JAバンクのCMのときだけ磯野家のテンションが異常に高い気がするのは僕だけですか?




さて。




少し前、一度も行ったことがない、しかも遠いところにお住まいの方とブログで知り合いになりました。
B級な看板とか、そういうものに対する感性が、僕とすごく似ている気がして連絡をしたのです。

それからメールベースでのおつきあいがはじまったのですが、お聞きすればシングルファーザーとして、高校生の男の子と中学生の女の子を育てていらっしゃるのだとか。

それだけでもすごいことだし、しかも子どもたちがまたすごく素直に育っている様子なので、陰ながら応援していたのです。




昨年のクリスマス・イヴも、娘さんとケーキを作った様子をアップしていらして、すごくいい感じだったし。
さらに翌日にも、余った素材でもうひとつケーキを作ったという記述もあったりして。




だから数日後のブログで「2つ目のケーキを作った日の夜に脳梗塞で倒れた」と読んで、本当に驚きました。
そんな展開、アリかよと思った。




回復力がものすごいから救いがあるんだけど、でもそんなときに限って、センター試験まっただなかのお兄ちゃんにトラブルが起こったりして、「がんばれー!」と本気で応援しているんです。




ただ、もちろん大変だろうけど、個人的には「大丈夫だろうな」と思っていて。
それは確信に近いんだけど、そのNさんご自身が本当に真剣に生きていらっしゃって、しかもそのDNAが2人の子どもたちに確実に引き継がれていることがわかるから。

うまくいえないし、言葉にした時点で安っぽく聞こえちゃう気もするけど、人として尊敬できるなと思って。





僕の今年の目標。
遠いから難しいかもしれないけど、なんとかNさんに会いにいくこと。





いや~、こんな曖昧なことばかり書いてても意味ないかな。
本当は彼のブログのリンクを貼りたいんだけど、貼ることによって逆に失礼にあたってしまったら申し訳ないなと思って。




でも、もしOKなら、ぜひブログを他の方にも紹介したいと思っています。
すごく響くから。

いかがですか、Nさん?






全然関係ないんだけど、「Nさん」と書いてたら、中学生時代にハマッた星新一の小説を思い出しました。
エヌ氏は、星新一の小説によく出てきましたよね。
エヌ氏の遊園地 (新潮文庫)/星 新一
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。