スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚やの豚肉汁うどん


前から気になっていた、荻窪警察前の「豚や」へ行ってきました。



$印南敦史の武蔵野日記



うどんのコシの強さが尋常ではなく(どんなうどんだよ?)とてもおいしいと評判だったのだが、いつも行列ができていて、行列嫌いの僕としてはなかなか行く機会がなかったわけです。



一番人気だという、豚肉汁うどん(黒うどん醤油味)を注文。
ちなみに「白うどん」は塩味だそうです。



$印南敦史の武蔵野日記



感想。



コシ、強!



食べているときどこかから「アゴが痛い」という声が聞こえてきたのだが、充分にうなずけます。
しかも「芯がある」とかではなく、本当にコシがあるんですよ。
だから、



たかがうどんと戦ってる感じ。



これ、いいかも。





$印南敦史の武蔵野日記

前にも書いたかもしれないけど、80年代にコンセントピックスという女の子バンドがいました。
歌詞に卓越したセンスを持っている人ら。

「つきあいが長くなって惰性化したカップルが、淡々とうどんをすする幸せ」を描写した「恋のうどん」という曲があったことを、豚やのうどんを食べながら思い出していました。




傑作/コンセントピックス

¥1,529
Amazon.co.jp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。