スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高な動画を発見!


僕が死ぬまで聴き続けるであろう楽曲のひとつが、ラフェール・ルイ・トリオの“Bois Ton Cafe”です。






$印南敦史の武蔵野日記

1989年当時ものすごくヒットしたんだけど、もはやアマゾンにすら残っていないという驚愕。




ものすごくいい曲なのでぜひ聴いてもらいたいと思って探しまくったのだが、YouTubeにさえ上がってませんでした。

不思議すぎ。
当時あれだけ売れた源氏鶏太の小説が、いますべて絶版になっているという不条理と似ている気がする。

ここでぜひ試聴してください。
1曲目の、スピーカーのアイコンを押せば聴けます。




それはそうと、この曲をYouTubeで検索してるときにすごい動画を見つけたんだ。
発表会かなにかで、“Bois Ton Cafe”を合唱するシーン。

z



この人たちってば最高!
リズム感皆無!
「サビ以外は停止状態」って意味不明!





めちゃめちゃかわいいよ!
最高です!



世界中に行きわたっているYouTubeにあって、現時点で再生回数 97 回ってのもステキすぎ。




どうにもこうにも憎めないのでありんす。
たぶん、全員ものすごくいい人たちだと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

動画かわいいですね~☆
ゆる~い感じが最高です!
そんなに流行った曲だったんですか?

2 ■ゆるすぎですよね(笑)。

当時、FMでよくかかっていた曲です。
大ヒットではなかったかもしれないけど、大好きで。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。