スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだよこのネーミング


なんとなくナメられているような気がしてしまうのは、僕のなかから純真な心が失われてしまったからですか?





$印南敦史の武蔵野日記





関ぴよぴよ





少なくとも“Seki Piyopiyo”と英語表記したところで、外人さんはチンプンカンプンだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

”ぴよぴよ”が何の施設かはさておき、、、
これは ”ナシ”ですよね。。。
納得できるような由来があるのかなぁ?

2 ■「関」は

関町という場所だからです。
でも、“ぴよぴよ”はないよなぁ…(泣けてくるアリ)。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。