スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のブックオフ


知らない街のブックオフを覗いたら、100円文庫本がヤバかったです。




$印南敦史の武蔵野日記

「不味い!」小泉武夫(新潮文庫)
「和食のいただき方」塩月弥栄子(新潮文庫)
「二十歳のあとさき」出久根達郎(講談社文庫)
「ふたりの山小屋だより」岸田衿子・岸田今日子(文春文庫)
「暮しのためのデザイン」秋岡芳夫(新潮文庫)
「編集狂時代」松田哲夫(新潮文庫)
「東京情報」鈴木伸子(新潮文庫)
「おばあさんの引出し」佐藤慶女(文春文庫)
「食は広州に在り」邱 永漢(中公文庫)
「放送よもやま話」坂本朝一(文春文庫)
「鏡」源氏鶏太(新潮文庫)
「赤い鳥傑作集」坪田譲治編(新潮文庫)

全12冊。
源氏鶏太「鏡」はダブりの可能性ありだな。
出久根達郎「二十歳のあとさき」もまたしかり。




けど100円ですし。
それに読みたい本が増えていく状況は、なんとも楽しいものなのです(増えすぎではあるのだが)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。