スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のブックオフ


マルコム・マクラレンのセカンド・アルバム『Fans』を500円で救出。




$印南敦史の武蔵野日記




いいことをした。




セックス・ピストルズのマネージャーとして策士っぷりを発揮したマルコムですが、やはり強烈だったのはこのファースト・アルバムです。

Duck Rock





当時はまだ認知度が低かったヒップホップを、世に知らしめるきっかけになった名作中の名作。
ものすごく信頼できる内容だったので、以後しばらくは「マルコム=なんでもOK」でした。




「バッファロー・ギャルズ」は伝説だね。






というわけなので、




Fans


オペラに焦点を当てたセカンドにも当時注目。




プッチーニの「蝶々夫人」をモチーフにした、「マダム・バタフライ」がシングルになりました。





かなり聴き込んだ記憶がありますが、




いま聴くと、たいしてよくねぇ……。




感性の変化でしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■ふふふッ

まーそんなもんなんでしょうねェ(ノ∀`) マイッタ

私はWORLD FAMOUSとかHEY DJ!あたりを良く聞きましたケド。
そう考えると結構イイ曲ありますなァヽ(・∀・)ノ イエイ

2 ■無題

Double DutchやSoweto が好きでしたね。
マルコムとトムトムクラブを経てグランドマスターフラッシュにたどり着いたことを思い出しました。
その後の人生に間違いなく影響した一枚です。

3 ■やっぱり

おふたりとも、僕と同じ匂いですなー(笑)。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。