スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウータンの新作『Chamber Music』が危険すぎる件


ザ・リヴェレーションズというバンドによる生演奏によって、あの独特な世界観を再構築したウータンの『Chamber Music』。


Chamber Music



メインはゴーストフェイス・キラー、インスペクター・デック、U・ゴッドで、GZAとメソッド・マンは欠席。
RZAが説明しているとおり、ウータン・クランとしての正規アルバムではないのだけど、




これはものすごく危険なアルバムです。




なぜって、見事に、本当に見事に原点回帰。



燃えよウータン


ファーストにヤラれた経験がある人は、ひさしぶりに間違いなく震えるはずです。




ちなみに僕がいちばんグッときたのはこれ。




ビートやばすぎ。
しかも、ゲストはAZだ!
あのハイトーン、懐かしすぎ。


Doe or Die




ちなみに
4, 5, 6

クール・G.ラップや、


The State of New York Vs. Derek Murphy

サダト・Xや、



SlaughtaHouse

マスタ・エースまでゲスト参加している。



すごいぞこれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

印南さん、確かにこいつぁ
危険です。

2 ■へぇ~

なんかわからないけど
( ´艸`)

わくわく

どきどき


やばいんですね~♪

聴いてみよう♪

3 ■おっと!

ウータンについて、いきなりコメントがつくとは思ってなかった。

SMILEDUCKSくん
でしょーでしょー!
わかるよな、このヤバさ。
ところで今日、ゴリラくんからサンプル届きました。ありがとう。

rinkoさん
ウータン・クラン、実はKUROの原点でもあるんですよ。アンダーグラウンド・ヒップホップというやつです。

4 ■首振りオヤジ

首が痛くなっちゃいますね、フフフッ

5 ■キターッ!

林さん、絶対に反応すると思ってたーッ!(笑)

6 ■おお

こんにちは
やっぱりこういうヒップホップでないと
ぼくはもうだめですね~

かっこいい!!

7 ■印南さん!

ウータンとかゴリラとか…
動物園状態ですね!

8 ■そうなんですか~

うわぁ絶対聴いてみようヾ(@°▽°@)ノ

ありがとうございます。印南さん('-^*)/

9 ■ゴリラくん(って 笑)

CDありがとう!

10 ■今さらで恐縮ですが アツい

はじめまして

いやードープです
青春を印南先生のライナーノーツとBMRとBlast aka フロントで過ごした者としては
そうとう反応しました

お噂では昨今クラッシックに傾倒されてると伺いましたが
やはり先生の本流というかファットな感じで
うれしいです

今後とも
よろしくお願い申し上げます


11 ■よぴさんへ

ありがとうございます。

たしかに最近はクラシックや現代音楽が多いんですが、「ジャンルに関係なく、いいものはいい」というのがBMR時代からの僕の考え方なんですよ。

それはともかく、コメントうれしかったです!
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。