スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チータの顔について


表題どおり、チータの顔について常々思っていたことがあります。
あ、ちなみにチータ、


印南敦史の武蔵野日記
こちらではありませんので(わかってるよ)。




動物のチータでありますが、不思議と誰も言わないのでありますが、



基本的にあの人たちは顔が弱い。



うんうん、そうだよね。でも、人じゃないよね。




んで、それを象徴するのがこちらである。
もう、何年も前から思っていた。



印南敦史の武蔵野日記



どよ~ん。



これはコインパーキングなんですが、チータが弱いか否か以前に、そもそもなぜパーキングにチータかがわかりません。



世間は深いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■チータ

憂いを帯びた表情…

ドコみてるんですかねぇ?

"P"の文字が吊られてるのも何か悲しい感じ…

狙いがわからないなぁ?

2 ■P

Pはですね、これがタワーパーキングだからです。

でも、わかりにくいよね。

3 ■チータ

影のぼかし具合と、切り取られた青空が気になります。
悲しみの原因は、そこにある!
…みたいな(笑)
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。