スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ジャクソン死去

今朝いきなり飛び込んできた、マイケル・ジャクソン心肺停止状態のニュース。
なんだか情報が錯綜してますが、亡くなった可能性は否定できなさそう。

きれいごとを書くのは簡単だけど、なんともいえない複雑な気分だとしかいえません。
現時点では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■Michael Jackson

印南様、はじめまして。
米国東海岸に住んでおりますが、マイケルジャクソン死亡のニュースから一夜明けても、全米テレビ、新聞、どこもジャクソンのニュースです。これは米国では異例のことで、いかに関心が高いかを示しています。
「ブラックミュージックこの一枚」(知恵の森文庫)のマイケルの項を改めて読ませていただきました。ひとが亡くなると、急に美化したり、批判したり、なぜか皆一面的な見方になってしまう中、印南さんの優れた”音楽評”がすっきりと胸に入ってきました。
マイケルの死に関しては、私個人としては、鎮痛剤に関する事故に近いと思いますが、彼はまだやりたいことがあった、つまり無念の死だったと察しています。真相はまだ分かりませんが。

2 ■ご返事が遅れてすみません!

ameameさん
はじめまして。
米東海岸からご連絡いただけるとは感激です。
そして「ブラックミュージックこの一枚」についても。
明日、当時の編集者と会うので伝えておきますね。

マイケルの死については、なんだかいまだに吹っ切れない感じです。
現地では、もっと強い思いを抱いている方が多いのでしょうね。

3 ■Re:ご返事が遅れてすみません!

>propmaster-sweetさん

お忙しい中、ご返事ありがとうございます。
私は印南さんと同い年(昭和38年早生まれ)で、大学を札幌で過ごしました。当時Discoがあって、よくいきました。JacksonsのLovely Oneを初めて聴いたのも、LTDのKicking backを初めて知ったのもDiscoでした。Roy AyersのHotが好きで、Michael Jacksonが自分のPVのどこかで使用していて驚いたこともありました。
さて、こちらでは死因や財産のことよりも、ただただ、亡くなって悲しい、彼の音楽をもう一度振り返ろうという姿勢の番組が多いです。亡くなって5日経過しましたが、夜になるとどこかで必ずマイケルの番組をやっています。
またご報告いたします。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。