スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のブックオフ収穫


アトランタ・リズム・セクション、1981年のニューヨーク・ライヴ・アルバムが魅惑の500円棚に。

印南敦史の武蔵野日記


81年に出た↓のライヴはかなり聴き込んだんだけど、↑は未確認でした。


印南敦史の武蔵野日記



1それに、↑に負けず劣らずのクオリティ。
曲目が“Champagne Jam”ってのも、わかりやすくて非常によい。




かっこいいねえ。
ちなみにこの曲でもブリブリのソロを展開している当時のベーシストは、ポール・ゴダード。
彼については、ずっと前から感じていたことがあります。


印南敦史の武蔵野日記

この方ですが、鴨川つばめ『ドラネコロック』に出てくる華子さんに似てませんか?


印南敦史の武蔵野日記



って話題、古!



それにしてもライヴできっちりスタジオの音を再現してしまえるあたり、さすがはスタジオ・ミュージシャンあがりのライヴ・バンドです。
これはかなりの収穫だったよ。

Live at the Savoy, New York October 27, 1981/Atlanta Rhythm Section


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

似てますね!
マカロニほうれん荘しか知らないですが。

2 ■ガハハハwW

『ドラネコロック』の方がツボでした~\(__)

3 ■コアな鴨川ファンとしては

『マカロニほうれん荘』よりも『ドラネコロック』なんだな(笑)。

ちなみに『マカロニほうれん荘』についてもトピックがあるので、そのうち書きます。

4 ■無題

なるほど。
近所にきんどーさんに似た人がいまして(笑)
子供の時に、きんどーさんって呼んでました。

としちゃん25歳はいなかったです。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。