スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッド・ペイズリーはヤバいかもしれない

ある人から、ブラッド・ペイズリーというカントリーのアーティストを教えてもらいました。

Who Needs Pictures/Brad Paisley




カントリーにはちと疎いのですが、その筋ではものすごく有名な人みたいなですね。
で、曲を聴いてみたら、すごくいい!





ダサい、クサい、アメリカの演歌。



カントリーに対する、そんな偏見をぬぐい去るべきです。
いつも言ってるけど、ジャンルがどうである以前に音楽なんだし。



ちょっと感動しました。
で、聴いてたら1971年に出たドゥービー・ブラザーズのファーストのオープニング“Nobody”を思い出してしまいました(Youtubeになかったので、リンクから試聴してみてね)。



ドゥービー・ブラザーズ・ファースト(紙ジャケット仕様)/ドゥービー・ブラザーズ


ファーストのころのドゥービーはまったく評価されてなかったんだけど、いま聴くといいんだよなあ。



って、また話題ズレましたすみません!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

いやいやかっこいい!
カントリーにこんなかっこいいサウンドが
あったなんて。早速購入してみます。

あとルックスもなんだか甘いルックスで
結構女子うけしそうな気がしましたが
ジャケット写真ではかっこよさが
伝わりづらいかなあ・・。
まあ彼自身はそうそう自分のルックスで
売ろうなんて思っちゃいないでしょうから
別に伝わらなくてもいいんですけどね。

2 ■ですよねー。

luvhueyさん、おひさしぶりです。

かっこいいですよね。
カントリー、ちょっと侮れないなあと。

3 ■無題

はじめまして。いつも読ませてもらってます。
それより、印南さんがカントリーに疎いというのは意外でした。
今のカントリーはダサいどころかDoobieやEagles直系の爽やかカントリーロックが主流なんじゃないかと思います。Bon Joviなんかも最近はほんのりカントリーをまぶしてましたし(売れるジャンルということだと思います)。

ルックスも確かに。BradはともかくKeith UrbanはNicole Kidmanの夫ですから。

4 ■いやホントに疎くて

嫌いというわけではなく、あまり情報源がなくてね。

少なくとも僕のなかで、ここ数年でアメリカのチャートは最高につまらないものになっているのですが、カントリー・チャートはツボかもしれませんね。

5 ■注目!してください。

ブラッド・ペイズリー良いでしょ?
実は既にアルバムが7枚(クリスマスあるバス等を含む)もリリースされている中堅のアーティストになります。日本ではカントリーと言うジャンル故か大手DCショップでも扱いがほとんどないのです・・・。私は渡米する度に、CDを買い込んできます。
アメリカでは若手の頃から非常に注目されたアーティストで、グラミー賞のカントリー部門で数々の賞を受賞しています。3年前からはロック畑の人からもオファーが相次ぎ、かなりの数のアーティストとジョイントをしています。元々ボンジョヴィのリッチー・サンボラが非常に注目していて、彼のソロライブやペイズリーのライブにお互いに飛び入りしているうちにこうした状況になった様です。
ルックス良し、音楽良し、テクニック良しと本国ではカントリーファンのみならず、一般的に人気にあるアーティストです。実はかなり初期の頃に、熊本の阿蘇で開かれたジャパン・カントリー・フェスティバルに参加しています。この初来日以降、来日していないのでいつかいつかと首を長くして待っているのですが・・・(笑)
P.S.
実はアメリカのカントリーマーケットはここ10年近くこうしたハンサムや美形の女性アーティストが沢山輩出されていて、華やかなんですよ!

6 ■1967 summer of loveさん

ご返事遅れてすみません。

カントリーのCDが日本に入ってこないという話は、別のカントリー・ファンからも聞いたことがあります。「タワレコに5枚だけ入荷」とか、そんな状況らしいですね。

でもネットでも買える時代になったし、僕も掘り下げてみたいと思っています。
貴重な情報をありがとうございました。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。