スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさら『20世紀少年』を知ったんです





息子:「読んだ? ハマるでしょ」
妻:「うん、でも年代的に父ちゃんの方がハマると思うよ」
息子:「だよねー、父ちゃん絶対ハマるよねー」




数日前の朝、ベッドでグダグダしているときに妻と息子の話す声が聞こえてきました。
なんのことかと思ったら、









『20世紀少年』のことでした。




僕は90年代以降、マンガをリアルタイムで読んではいません。
いま映画が公開されていることすら知りませんでした。



って、どこまで偏ってんだよ?




それは認めざるを得ませんが、息子のクラスでも話題沸騰みたいです。




で、息子に借りて読んでみた。




おもしろいですね。
構成力がすごいと思った。
時代考証的には僕より2歳ぐらい上の世代という感じなんだけど、たしかにハマりました。




だけど問題は、ものすご~く長いことですね。




息子が勝ってくるのを待つべきか、スポーンと買ってやるべきか。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。