スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得できないことがあった


進行していた話がひとつ飛びました。
それ自体は仕方のないことです。
その点について、恨みつらみはありません。


が、僕が解せないのは、
(なんだかおかしいなと思って)こちらから「どうなってますか?」と打診してみて初めて答えが返ってきたということ。


その人のことは基本的に信頼しているのだけれど、でも、順序としてこれはおかしいよね。
僕がそのまま仕事を進行させていたとしたら、どう責任をとるつもりだったんでしょう?



むしろ、「事情はこうです!」とはっきり言われた方がよっぽど納得できたよ。



本音をいえばハラワタが煮えくりかえっており、そんな心に坂本教授のピアノが深く染みわたる月曜の夜です。



out of noise(数量限定生産)/坂本龍一


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

その気持ち本っ当よくわかります(*_*)
わたしもよくあるんです!本当しっかりしてほしいってはっきり言いたいのに言えないわたしもわたしですが・・・

2 ■こちらの立場としては

言えないこともありますよね。
でも、だからこそ向こうには、エチケットを守ってほしいですよね。

まだムカつき中です。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。