スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小坂忠さんの思い出と新作『Connected』

小坂忠さんの新作『Connected』が非常にヤバく、ここ数ヶ月ずっとハマりっぱなしです。
暖かい今日の気候にもピッタリで、いままた聴いていました。


印南敦史の武蔵野日記

なにせ、70年代の国内ロック・シーンの生き証人。
フローラルというバンドでデビューしたのが70年代で、以後も細野晴臣、松本隆らとエイプリルフールを結成。ティンパンアレイのメンバーとの交流も持っている方です。

当然ながら今回も、プロデューサーが佐橋佳幸、バックには高橋幸宏、小原礼、Dr.kyOn、松たか子などなど超強力なメンバーが。


いちばん好きなのは“Everyday Angel”。
かっこよすぎ。






僕が小坂忠さんの音楽を初めて知ったのは、名作『ほうろう』が出た中学1年のとき。

ほうろう/小坂忠



たまたま近所の杉並公会堂の前を通りかかったら、どこかの大学の学園祭イヴェントってことで彼の無料コンサートをやっていたわけです。

んで(タダだし)入ってみたら、圧倒されまくり。
思えばあのとき、バンド・メンバーには細野さんもいたのかなあ?



ちなみに、これはのちのライヴ映像ね。



何度聴いてもかっこいい。


ちなみに彼は、華々しいキャリアを持ちながらもいろいろあって、一度は一線を退いて牧師に転向した人でもあります。
そのあたりの事情は、この自伝に詳しいです。

印南敦史の武蔵野日記



『Connected』、もしも聴いたことがなかったらぜひチェックしてみてください。
保証します。絶対に損しません。

Connected/小坂忠




そういえばCDの盤面も凝っているのだ。

印南敦史の武蔵野日記

スキャンがテキトーでごめん(やりなおす気なしってことだな?)。



わかる人はすぐわかると思うんだけど、アトランティックのレーベルがモチーフになっているんですね。

印南敦史の武蔵野日記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■恥ずかしながら・・・

小坂忠さんを知りませんでした(汗)
本当にかっこいい!
有難うございます!

2 ■連続すいません(汗)

いやぁ~マジで興奮します!
これ、僕もBlogにあげさせてもらいます!

3 ■とりおきしました。

月末、給料が出たら、買います。

Everyday Angel、かっこよすぎ。

4 ■名前と

新譜の記事は、読んでましたが…渋い!早速、じっくり試聴に出かけます←買えよって(笑)
父親にも聞かせてあげたい曲です
ありがとうございます!

5 ■いやー

思った以上に引きが強くてビックリしました。
でも、いいでしょー?

『ほうろう』も、いまだに新しいですよ(再発されてます)。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。