スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいカブのその後


たかが風邪にもかかわらず、たくさんの方々からメッセージやメールをいただきまして感謝です。
いま37度7分あるので、恐らく明日には46度9分ぐらいに上がって意識を失います(なんだそれ?)。



さて。
以前、妻の実家からもらった大きなカブのことを書きました。


印南敦史の武蔵野日記

これね。


その後、シワが寄っても頭にヘンなものつけられても、熱い眼力を維持していたのは記憶に新しいところです。


印南敦史の武蔵野日記

こんな感じね。
「力を与えられた!」と、感動のメールを1000000通ぐらいいただきました(うそに決まってます)。




で、あいつがいまどうなっているか?



ずいぶん前に家のなかからテラスへと追いやられ、それでもたくましく生きています。


印南敦史の武蔵野日記


……たくましいか?


深いシワに人生、もといカブ生の奥深さが表れていますね。
でも、見てたらなんとなくサン・ハウスを思い出しちゃいました。


印南敦史の武蔵野日記

サン・ハウスに失礼だとかいわないこと。


というわけで現在、御大のデルタ・ブルースに酔いしれています。


ファーザー・オブ・フォーク・ブルース(紙ジャケット仕様)/サン・ハウス


ボーッとした頭に最適です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■言わせてください

突き出た雰囲気が、『ど根性ガエル』の梅さんに似てると思いました!

ところで、風邪はいかがですか?

46.9度の前人未到の地へ達する前に、回復されることを祈っております。

2 ■なるほど。

梅さんね。
でも、どちらかというとサン・ハウスが梅さん似かも(笑)。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。