スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏鶏太とダギー・フレッシュはおんなじ


こないだ行ってみてハマッたラピュタ阿佐ヶ谷へ、また行ってきました。


お目当てはこれ。



印南敦史の武蔵野日記
印南敦史の武蔵野日記


ラインナップは、

「三等重役」(出演:河村黎吉、森繁久彌、小林桂樹、越路吹雪、藤間紫、関千恵子、小川虎之助』
「サラリーマン十戒」(出演:小林桂樹、佐原健二、柳川慶子、安西郷子、久慈あさみ、藤木悠)
「東京・丸の内」(出演:高倉健、佐久間良子、小林哲子、大村文武、安井昌二、亀石征一郎、千秋実、加藤嘉)

の3本。
いずれも原作は、僕の心の恩師である源氏鶏太ウルトラ大先生


正真正銘のエンターテイナーという意味で、僕のなかでは源氏鶏太先生とダギー・フレッシュは同等です。


印南敦史の武蔵野日記


源氏先生の作品ははっきりいってどれもおんなじなのだが、そこがたまらない魅力なわけで。
非常に楽しませていただきました。


印南敦史の武蔵野日記

宝物。
オススメは「英語屋さん」と「三等重役」と「明日は日曜日」と「東京一淋しい男」と「ずこいきり」。



というか、後期の幽霊モノ以外はすべてクラシックス!



めちゃめちゃ感動するわけでもない。
(僕がない嫌いな価値観である)“泣ける”という部類でもない。


けれど読み終わった、あるいは見終わったあと、えもいわれぬ爽快感が源次先生の作品にはあるわけです。



しかし解せないのは、直木賞も受賞した昭和の流行作家でありながら、彼の全作品がいま絶版だという事実。
おかげで上記作品群は、すべて古書店で集めたんだ。


また成果主義ですか?


でも優れたものは、きちんと後世に残さなきゃいけないと思うぜ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■はじめまして

『関千恵子』で検索してたどり着きました。
私の亡くなった祖母の従姉妹にあたる方らしいのですが一度もお会いしたこともなく、また出演作品を観たこともありません。
ご存命なのかもわかりません…。
検索すると沢山の映画に出られているようですね。映画好きですが古い日本映画には疎くて…。
『三等重役』がまだ上映されていれば観に行きたいです!

2 ■いやいや

僕も古い日本映画に詳しいわけではないんです。
なので、関千恵子さんのこともよく知らなくて……。
これからいろいろ勉強したいなと思っているところです。

『三等重役』は、たしか先週末で終わったと思います。
でも、DVDが出ていたような。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。