スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80年代の奇跡


晴れて気持ちのいい朝です。
だからというわけではありませんが、ダン・フォーゲルバーグの『The Innocent Age』を聴いています。


印南敦史の武蔵野日記


1981年の大ヒット・アルバム。
アコースティック作品としては異例かもしれない、2枚組の大作だ。


何曲もヒット・シングルが出たけど、僕がいちばん好きなのはタイトル曲。
あの忌わしい80年代に、ここまで純粋な作品をつくることができたということ自体がすばらしい。


ってなわけで、いまでもときどき無性に聴きたくなります。
早生が悔やまれるばかり。
もういないなんて、信じられない。


それだけの話なのですが、聴いていたらまたも感動してしまったので。


イノセント・エイジ/ダン・フォーゲルバーグ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。