スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ajisaiというバンド


忙しくて書けなかったんだけど、数日前にajisaiというバンドにインタビューしてきました。
微妙な表現ですみません。
白状すれば、彼らのことをよく知らなかったから。


でも会ってみて、人間的にちょっと興味を持ったな。


印南敦史の武蔵野日記


このルックス。
右側と左側の服装の差。
これが、おもしろい。


sayonara terminal/AJISAI



いま、もうすぐ出る彼らの新作『sayonara terminal』を聴いています。
そして、戸惑っている。


人生観が変わった!


とかさ、そういう衝撃があるわけではないから。
音楽的にも、特に新しいわけじゃないし。


ただ、それでも要所要所に響く部分があるんだよなぁ。


僕らはつい音楽に「衝撃」めいたものを求めてしまいがちだけれども、「特にインパクトはない。でも、ちょっと気になる」音楽って、じつはすごく大きな意味を持っているのかもしれないなと感じたりしました。




余談だけど、インタビューのときドラムの山本太作くんが話してくれたことがちょっと響いた。
「これからバンドをやろうとしている子たちへ」という問いに対する返答。


「正直、ふつうに就職できるんだったらした方がいいかなとも思うんです(笑)。音楽をやるって、人生をバクチにかけるようなものなんで。実際、この歳だったら結婚しててもおかしくないと思うんですけど、基盤がないからできないですし」


これを口にできることって、すごく意味がある気がする。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。