スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらウータン・クランについて


いきなりウータン・クランのPVを見たくなり(よくあることです)、いちばん好きな“Wu-Tang Clan Ain't Nuthing ta F' Wit”をYouTubeで検索。


ひとりで頭を振りました。





やっぱりさー、このあたりはどうやっても外せないんだよなー。


一億年クラシック。


Enter the Wu-Tang (36 Chambers)/Wu-Tang Clan



なのにアマゾンじゃ797円ですかい!


泣けてくるアルヨ。


ウータンについては、いくつかの思い出がある。


1:(たしか2度目の)来日時に会ったRZAは、ホテルに機材を持ち込んで「いつでもトラックつくれるぜ」状態だった。

2:同じ日に会う予定だったオル・ダーティー・バスタードには逃げられたのだが、どうやら横浜中華街で飯を食っていたらしい。

3:その前の来日時、メソッド・マンと面会。(当時2歳ぐらいだった)「息子にヒップホップ聴かせてるんだぜ」と伝えたら、いきなり立ち上がったメスから

「俺が求めてるのはそーいうことなんだよ!」

と握手を求められた。


なのに息子は現在、ヒップホップには全然無関心です(ちょっと安心もしている)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。