スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アメリカン・アイドル シーズン8」とポーラ・アブドゥル

「アメリカン・アイドル シーズン8」がスタートしましたね。


印南敦史の武蔵野日記


とか書いてますが、僕は知人のすすめで前シーズンのラストから見はじめたクチです。


が、おもしろすぎてどハマり中。
再放送まで見ています。


よくも悪くも個性的としかいえない出場者もさることながら、男たるもの、見るべきポイントはポーラ・アブドゥルのかわいさです。


印南敦史の武蔵野日記


つ、つきあいてぇ……。


印南敦史の武蔵野日記

ほら。


印南敦史の武蔵野日記


ほらね。


印南敦史の武蔵野日記

ほらよ。


印南敦史の武蔵野日記

ほりほり。


もう、最高じゃないすか?
アル中疑惑も、全然許せます。
そこが、中川某との違いです(比較の対象ではない)。


印南敦史の武蔵野日記

しまった! ヘンなものを貼ってしまった!



ともあれアメアイ(この略し方って最悪だなと思っているうち、ダサさが気に入ってしまいました)を通じて魅力を再認識してしまったもんだから、彼女のCDを買いなおしました。


どーせ安いし。


印南敦史の武蔵野日記


実をいうと当時は軽くみていたんですが、いま聴きなおしてもいい曲ばっかりだねー。
ファーストなんか、名曲“Straight Up”以下なじみの楽曲満載(250円)。
セカンドも、“Rush Rush”とか懐かしすぎ(100円)。


さっさと売るつもりだったが、これは持っておこうと思います。
でね、今回調べてみて(調べるなよ)気づいたことがひとつ。


なんとポーラ・アブドゥル、同い年!


誕生日も、向こうが僕の20日前。


なんか運命めいたものを感じるなあ(勝手に妄想してろよ)。


だけど、さすがに年齢を感じさせる瞬間もあります。









印南敦史の武蔵野日記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■アメリカン・アイドル

僕も好きですこれ。ハリウッドに行く前の一次予選がたまりません。アメリカ人のあの自身というのは一体何なんだろうといつも思います。みんなが周りからあなたは最高だキミは素晴らしいと、ほめまくられて育つんだろうか。ちなみに番組出身者で好きなのはエリオット・ヤミーです。
以前の日記になりますが、ホームレス歌人のことも、うちで話題になっていました。「赤いキツネ」の歌、よかったです。缶チューハイのサラダ記念日なみの衝撃かも。

2 ■たしかに

あの自信(というか勘違い?)はすごいですよね。
そこにツッコミまくるサイモンの毒舌が最高です(だけど本命はポーラ)。

ホームレス歌人は、ホント気になりますよね。
あれから何度も思い出し、「いまごろどうしてんのかな」と思ったりしています。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。