スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の雑感



昨日は区の健康診断を、まるで死にに行くような気持ちで受けてきました。




いや、なんか恐いんすよ健康診断。
小心なもので。




ふふふ、




答が出るのは2週間後だ!




そのとき泣くなよ印南!





それでなくとも最近、晴れない気分です。
原因を考えてみた結果、ひとつ気づいたことがありました。




ある仕事のために、ここ数日ある人の本を何冊も読み続けているんですが、その人の人生の壮絶さがハンパなくて。




いま読んでいる本はわりと平穏なのですけど、それ以前に読んだ数冊の内容がもう救いようがなく、つまり、




そのヴァイブスが知らないうちに感染してしまった気がして。




で、そうなると、自分にも嫌なことが続いてしまったりもして。




よくないなあ。
なんとかしよう。










だから気分を変えようという意図があったわけではないんだけど、さっき朝食時にスタン・ゲッツとジョアン・ジルベルトの『ゲッツ/ジルベルト』を久しぶりに聴きました。




ゲッツ/ジルベルト/スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト





ちょっと気持ちがよかったです。




ただ僕は、「ボサ・ノヴァ=おしゃれ」みたいに安直な感じ方にはちょっと否定的で。
「そーいうもんではないだろう」と、なんか全身が痒くなっちゃうんですよね。




そういえば昔、どこかのカフェでクラッシュの“ロック・ザ・カスバ”をボッサ・アレンジした曲を聴いたことがあります。




「♪ロックザカスバァ~」と自分に酔いまくりながら歌う女の子の歌を聴くにつけ、アホらしくて座っていた椅子から転げ落ちそうになりました。




というのも彼女が歌っていたその曲の歌詞は、ホメイニ政権下のイランでロックが禁止されていたことを非難する内容だからです。




とてもじゃないけどボッサにしておしゃれぶって歌うようなものではないわけで、明らかに歌詞未チェックのまま生まれたおそまつカヴァー






関係ないけど、ちなみにこれはおそ松くん(そんなこと誰でも知っている)。





どうあれ、不勉強だと大恥をかくということの典型的なパターンですね。




僕も気をつけなくっちゃな。
なにごとも、死ぬまで勉強だな。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。