スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD購入&新年会リポート

「CD買いたい発作」がまた出たので、昨日は夕方に新宿タワレコ9階。
いろいろ試聴して、いろいろ購入。


印南敦史の武蔵野日記

手前から
FLICA/Nocturnal(マレーシアのエレクトロニカ・アーティスト)
PHILIP JECK/Sand.TELEFON TEL AVIV/Immolate Yourself(YMOの面々もお気に入り)
YASUHIRO MORINAGA/Filigree of Frost(半月前に購入を断念したものの、音づくりの緻密さが気になって仕方がなかったので)
DAVID LANG/Pierced(なんとデヴィッド・ラングの新作がナクソスから格安で)
PASTACAS/Snatsit Some Si-Si(エストニアのフォークトロニカ。500枚限定だって!)


その後、西口に移動。


印南敦史の武蔵野日記

「なごみ 玄菜」という店で、音羽の出版社のO畑氏&N吉嬢と新年会。


ブラックミュージック この1枚 (知恵の森文庫)/印南 敦史


O畑さんは拙著「ブラックミュージックこの一枚」の担当編集だった人。彼の尽力なくして、この本は出せなかった。
で、当時店舗営業だったN吉は、これを一生懸命売ってくれた人。


あ、あと、これもね。
残念ながら絶版になっちゃったけど。

印南敦史の武蔵野日記


それにしても、ふたりと会うのは1年半ぶりぐらいだ。
いつの間にやらN吉は結婚してたし、時のたつのは早いナリね。


で、僕の仕事についてO畑さんから的確すぎる指摘を受け、目からウロコが落ちる思い。
「ホントにそうだよなー!」と実感できる、まとわりついて消えなかった悩みを払拭してくれるような話で、すごく前向きな気持ちになれた。


さすが。
感謝。


んで、いい気分を引きずったまま、帰りにまたもやブックオフ。
閉店間際だったので、文庫の100円コーナーのみ。


印南敦史の武蔵野日記

手前から
三谷幸喜「仕事、三谷幸喜の」角川文庫
宮沢章夫「牛への道」新潮文庫
松本昭夫「精神病等に生きて」新潮文庫
はた万次郎「北海道田舎移住日記」集英社文庫
端田晶「もっと美味しくビールが飲みたい!」講談社文庫
源氏鶏太「他人の女房」集英社文庫
戸塚真弓「パリからのおいしい話」中公文庫
船山馨「放浪家族」集英社文庫
佐江衆一「50歳からが面白い」講談社文庫


相変わらず節操がないなあ。




さて、今日は事務作業がたまっていて気が重いっす。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。