スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンプリングが切り開くのだ


ローウェル・フルスンの“Tramp”を聴いていました。





そしたら、同曲をサンプリングしているソルトン・ペパの同名曲を聴きたくなりました。






で、今度はサイプレス・ヒルの“Hill How I could just kill a Man”を聴きたくなりました。





サンプリングって素晴らしいな。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■サンプリングではありませんが

オーティス・レディングとカーラ・トーマスのカバーも好きです。

遅ればせながら、『恐怖音楽』落札、おめでとうございます!

2 ■オーティス&カーラは

超定番ですな。

恐怖音楽、2500円もしたんだけど(って、普通か?)手に入れられて満足です。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。