スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K合くんとヒップホップリシーにブックオフで



ブックオフに行ったら、N刊G代のK合くんに会いました。
行動範囲はだいたい同じです。


んで、懐かしのザ・ディスポーサブル・ヒーローズ・オブ・ヒップホップリシー『Hypocrisy Is The Greatest Luxury』が500円で出ていたので救出。


印南敦史の武蔵野日記

もう100年ぐらい前に処分したCDですが、“Famous And Andy(Like Amos 'N' Andy)”が久しぶりに聴きたくなったので。





Hypocrisy Is the Greatest Luxury/The Disposable Heroes of Hiphoprisy


かっこいいねえ。
いま聴いても充分に刺激的。

でも、アマゾンで690円ですか?!(プチショック)


そういえばマイケル・フランティとは、彼がヒップホップリシーを解散してスピアヘッドを立ち上げたときに会ったことがあるのでした。


Home/Spearhead



すごく紳士的な人で「名刺持ってる?」とか聞かれ、ビジネスマンみたいに名刺交換をしたおぼえがあります。


あれ、どこに行っちゃったかな?




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。