スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80年代のキャンディがまだ存在した!




コンビニのレジに並んでいるとき、ふと横の棚を見てビックリ。
めちゃめちゃ懐かしいものがある!




これこれ。












「スーパーレモンキャンディ」。




僕はキャンディとかスナック菓子にまったく興味のない人間なんだけど、これだけは80年代中期にハマりまくったことがあるのだ。



なぜなら表面にコーティングされたレモン・パウダーが極端に酸っぱく、そこに激辛料理に匹敵するインパクトがあったんですな。



で、「これがあればタバコがやめられる!」と直感し、利用していたというわけ。




ってことは、20年前にもいまと同じようなことをしてたというわけね。


進歩がないということね。





しかしまぁ、そんなものよ人間(って、やけに自分に甘いなオイ)。




先日書いたようにニコレットがやめられないという過酷な現実に直面しているので、再度チャレンジしてみようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■懐かしいっす!

私も、はまりましたよ。
スーパーレモン!
(飴ちゃん大好きな関西女です)

販売という職業柄&ライブで大声を発する性格(笑)の為、最近は喉飴とは縁が切れません。

(しかし…喉飴と煙草を同時に口にしてるのは矛盾してるよなぁ~と反省の日々)

2 ■無題

ほー、麻理@神戸さんは販売のお仕事をしてるんですね。

スーパーレモン、いまどき僕以外にファンがいるとは思いませんでした(笑)。

それはそうと煙草はやめましょう。
ニコレットがオススメですよ(って…)。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。