スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがちな






鎌倉の鳩サブレーをいただきました。










たまに食べるとおいしいね。




それはそうと20代のころ、




「考えてみると




鳩って“はと”なんつーシンプルすぎる名前をつけられても、そのマヌケっぷりに全然気づいてないんだな!」




と思って、笑いが止まらなかったことがあります(推定15分)。




だって、名前が“はと”ですぜ




考えられます?




しかも本人(人ではないよ)は、おのれのマヌケっぷりに気づかずに神社で豆とか食べ続けているという悲哀……。



とか考えていたら、笑いのツボにハマッてしまったんですね。




いやホント、世のなかのハトは大変だなあと思います。




しつこいようだが、なんせ名前が




ハトだもんなあ。




ご苦労をお察しします…。




て、




あ、



人間も「ヒト」だ!



た、大差ねぇ……。





ク……クルックー……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■名前

鳩サブレに名前があるのはご存知ですか?
ハトサブロー・・・
結構うけましたよ。

2 ■知らなかった!

メスはなんていうんですかね。

ところでひょっとして、間違ってたらゴメンナサイですけど、Haya-Cさんってあの林さん?

オヤBの。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。