スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もお世話になりました

さて大晦日です。
年末のシメはここ数年の恒例で、荻窪北口教会通りの長寿庵。
妻と息子と娘と、それから母と。



$印南敦史の武蔵野日記



ここはどこの街にでもある普通のおそば屋さんなんですが、そばはなかなかおいしいし、ツマミや酒も充実しているんです。



ってなわけで、いろいろ注文。




$印南敦史の武蔵野日記
キムチ。




$印南敦史の武蔵野日記
銀杏。




$印南敦史の武蔵野日記
ポテトサラダ。



$印南敦史の武蔵野日記
湯豆腐。



$印南敦史の武蔵野日記
唐揚げ。






どれもそば屋というよりは居酒屋のメニューですが、これらがいちいちおいしいんだ。
で、当然ながらビールから日本酒へ。



シメは、もちろんせいろ。

$印南敦史の武蔵野日記

いい気分です。








さて、あと数時間で2011年です。
僕にとっても正念場です。






年齢のせいか「悠々自適でしょ」みたいに言われることが多くて困っているのですが、現実の僕はまったく正反対な場所にいます。

今年は収入が激減して、生きていられるのが不思議なくらいだったし。



ただ、ものすごく幸せだったこともあります。
「なんとかしなくては」と動いてみた結果、自分でも驚くくらいの素晴らしい人脈と出会えたこと。
いまの僕は、彼らのおかげでここにいるといっても過言ではありません。



だからこそ、来年は正念場だと意識しなければならないと思っているわけ。
がんばろう。
いやホントに。




それから、感謝すべきことがもうひとつ。
今年はツイッターのおかげで、いろんな人たちと知り合いになれて、また、いろんな人たちと数年ぶりに再会できました。

そして、本当にいい話ができた。



だからこそ、そこで得たものを無駄にしてはならないと思っているわけ。
がんばろう。
っていうか、感謝を前提に。







いま20:55。
サム・クックの名作ベスト『The Man And His Music』を聴いています。



$印南敦史の武蔵野日記




理由はわからないけど、今年の年末に似合っている気がします。
やっぱりいいね、まったく飽きないね、サム・クック。

The Man & His Music/Sam Cooke






さて。




今年も、このなんの役にも立たないブログを見ていただいて、本当にありがとうございます。
来年も、よろしくお願いします。








【今年最後の別件】

娘のさしがねで今夜、長寿庵に新しい店員さんが加わりました。











$印南敦史の武蔵野日記
お疲れさまです(でもボーッとしてないで、ちょっとは働いてください)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

SAM COOKEは不世出のSoul Singerだと思います。Harlem SquareのLIVE CDは数えきれないくらい何回も聴きました。
そば屋さんのツマミは写真を見るだけでもおいしそうに感じます。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。