スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

amazarashiのCDを買ったよ(付録:神聖かまってちゃん)

息子が、「このバンドいいんだよ!」とユーチューブのクリップをメールしてきたのはいつだったか。
それが、ずっと気になっていたのだ。




amazarashiというバンドの「夏を待っていました」という曲。
季節はずれでごめん。




でも、この切なさはたまらないわ。
で、映像の完成度の高さも際立ってる。









きょうの夕食時、あることがきっかけで息子とamazarashiの話をした。
そしたら「アルバムが超ヤバくて欲しくてさ。そこの新星堂で聞いたんだけど、『吉祥寺店にしかない』って言われたんだよね」



そっか、そんなことしてたのか。
なら、買ってやろう。
ということで、アマゾンでポチ。


便利な時代すなぁ。




ワンルーム叙事詩/amazarashi


実は僕も、届くのが楽しみだったりする。
し、息子と同じ価値観を共有できるというのは純粋にうれしい。




だけど、僕がナニゲにハマッている神聖かまってちゃんは、ちょっと響かなかったみたいです。




つまんね/神聖かまってちゃん


みんな死ね/神聖かまってちゃん




いいんだけどなー。






まぁ、この動画を見て「なんだかなー」と思ったらしいので、その気持ちはわからないでもないのだが。





でも、神聖かまってちゃんの「の子」がやってることって、マインド的には80年代のハードコア・パンクと同じではないかと思えてならないんだよなぁ(なんか話それた)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■とりよせとか

他店からの取り寄せって新星堂はしてくれないんですか。
アマゾンたしかに便利なんですけど、お子様にはお金握りしめて、欲しくてたまらなかったCDを買いに店に走る、わくわくした時間を味わってほしかった気もします。そのCDが入った袋を持って家に帰るまでのもどかしい時間とか。

2 ■いまは

それってないかもですねー。
でも、「買ってやる」ってアマゾンでポチしただけで、ちょっとだけ感謝されました。

そういう時代かも。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。