スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10数年ぶりの再会


昔、渋谷のオルガンバーで「Juicy」というイヴェントをやっていたころ、千葉房総の茂原市の隣にある長生村というところから足しげく通ってきてくれる青年がいた。




なんだかんだで仲よくなって、一緒にDJしたりもしたのだけど、特に意味もなく疎遠になって10数年。
なのにツイッターを通じてまた縁ができて、昨日ひさしぶりに再会したのでした。




$印南敦史の武蔵野日記




よくわかったのは、青年も10数年経てば中年であるということ。
って当たり前だけど、当時は優柔不断だったフリーターが、いまじゃ貫禄ある課長になっていたりしたので、なんだか不思議な感じだった。





これを機会にまたつきあおう。
長生村のクラブでDJしたいのぅ。







ちなみに関係ないけど、会った場所は鳥もと。
肝臓の再検査があった関係で一ヶ月ぶりぐらいだったので、われながらすごいなあと思っていたのだ。
ところが「一ヶ月ぶりだよ!」といろんな人に力説しても、返ってくる答は「そんなの普通じゃないですか」でした。
普通じゃないよ。




$印南敦史の武蔵野日記
わかってくれるのはカニだけだよ(意味わかんない)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。