スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らが作ったギターの名器

16歳から10年間ほどギターを弾いていたものの、コードをひとつもおぼえなかった印南です。




おぼえない方が難しいよね?
それはそれで才能だと思うのだが、いかがか?




ところで前から書こう書こうと思いつつ、ここまで引っぱってしまったのですが、少し前に興味深い本を読みました。




僕らが作ったギターの名器 (文春新書)/椎野 秀聰





文春新書から出ている、椎野秀聰さんの「僕らが作ったギターの名器」。
椎野秀聰さんは、70年代にギター・メーカーの「ESP」を立ち上げた方。
そればかりか、いまやDJ機材メーカーとして世界的な認知度を誇る「VESTAX」も彼が作ったメーカーです。
っていうだけでもスゴいでしょ?




で、この本は、そんな椎野さんがギターについての業績を振り返った本。
ギターを弾いていた立場からすると(コードおぼえてないけどね)「へー、そうだったんだ!?」と思えるエピソードがたくさん出てきて新鮮でした。
それに文章がきれいなので、ギター・フリーク以外の方でも楽しめると思います。




ちなみに10年くらい前に渋谷の「The Room」でイヴェントをやっていたころ、VESTAXの方が椎野さんを連れてきてくださったことがあります。
椎野さんはすでに業界の重鎮だったのでビビリまくりましたが、シャープな目つきはいまでも忘れられません。




んなわけで、超オススメ。





【別件】
全然関係ないけど、いま読んでるのは先日ブックオフの105円コーナーで見つけたこれ。





$印南敦史の武蔵野日記




尊敬してやまない色川武大先生の食べものエッセイなのだが、バカすぎて最高!
これはいい買いものでした。




$印南敦史の武蔵野日記


400円で売られていた絶版本を、誰かがブックオフに売ったんだな。
ふふふ、ありがとうな。




現在は光文社から出ているようです。
これもオススメ。

喰いたい放題 (光文社文庫)/色川 武大
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。