スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり忘れていた鹿児島の話題


たまたま見つけた美容院。
$印南敦史の武蔵野日記





ケ……ケセラボーテ……。
……まぁ、いろいろありますわな。





でも、



これってどうなんですかね?





$印南敦史の武蔵野日記





髪世羅望手。




素晴らしきヤンキー感覚宛て字ですね。
しかも普通、「髪」を「け」とは読みませんし。








だけど少なくとも、こんなところで髪を切られたくない……。








鹿児島の破壊力を、まざまざと見せつけられた気がしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■ヤン臭漂いますね・・・

何がなんでも漢字なのですねぇ
しかしカタカナ表記がまた経営者のお年を感じさせます
パーティーをパーテーと言うような
そんなにおいがして、昔のタウンセブン1階にあった金物屋さんを思い出しました

2 ■たしかに!

ピンクレディーを「ピンクレデー」、
キャンディーズを「キャンデーズ」とかね。
って、例が古すぎ(で自爆)。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。