スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外に近かった韓国

僕と娘の間でロング・ヒット中なのが、以前紹介した↓これ。







なんかクセになって、ふたりで何度も観ているのだ。
いまや娘は、「ブロークン・コーリアン」を駆使してほとんどフル・コーラスで歌える。


そして、そんなことが影響しているのか否かは定かではないが、気がつけば自然に韓国という国を受け入れるようになっていた。

妻には、「韓国の女の人ってキレイだよね」とか言ってたらしいし。



で、今日見せられたのがこれ。
「韓国の女の人」だそうだ。



$印南敦史の武蔵野日記



なるほどー、キレイやんけー。
って、



え?



$印南敦史の武蔵野日記

$印南敦史の武蔵野日記



なななんか、ハングルっぽい文字が!




彼女の世代は、こうして自然に異国を受け入れて行くんだろうな。
いいことだ。




あと15年ぐらいしたら、娘が「彼氏なのー!」と外人さんを連れてくる可能性も充分にあるなと肝に銘じた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。