スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『森崎書店の日々』に関してもうひとつ

きのう観た『森崎書店の日々』の心地よい余韻を、一日経ったいまもまだ引きずって生きています。



ところでこの映画の冒頭に、間違った会話があることに気づいたんです。
そのことを書き忘れていました。



主人公が彼氏(こいつが……怒)に話したこと。



「西荻窪に『こけしや』っていうお店があって……っていっても別にこけしがあるわけじゃないんだけど、このお店の~」




えっと、こけし屋の件ですが、





………………。





………………。





あります、こけし。




証拠写真(探したら、5年前に撮った写真が残っていた)。
$印南敦史の武蔵野日記




見たまえ、このこけし状況



ちなみにこれは別館の写真なんだけど、本館にもこけしはあったはず。
重箱の隅をつつくようで恐縮だが、中央線人間としてはその点だけが気になったのであった。



ただし繰り返し申し上げるが、映画自体は本当に素晴らしいので必ず観るように。




【追記】
こけしやのペーパーナプキンの人(人ではないけどな)は、とてもかわいい。
$印南敦史の武蔵野日記

$印南敦史の武蔵野日記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。