スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のリアクションについて

昨日アップした「印南敦史のギリギリ日記」に対し、コメントやらメールやら、ちょっとビックリするぐらいの反響をいただいた。




ありがたいナリヨ。




ただ、少しだけ困惑してもいる。



「印南さんの意見は正しい」とか「応援してます」とか、そのテのメッセージばかりだったので、ものすごくありがたいと思っている。
感謝しなくてはいけないと思っている。



が、僕は自分の主張を正論として認めてもらいたくて、ああいう文章を書いたというわけではないのだ。
それどころか伝えたかったのは、「みなさんの目から見たら悠々自適に映るのかもしれないけど、全然そんなことないんですぜ」ってこと。



でも結果的には「印南に共感!」みたいな意見が多くて。
けど残念ながら、それほど大層な人間ではないです。



謙遜ではない。
そういうご意見に心から感謝しているのだけれど、本当に大した人間じゃない。



昨日書いたように業界人だけで群れるようなノリは死んでも嫌だが、とはいっても「本音さえ書ければ食えなくたって気にならない」とは絶対に思えないから。




そんな余裕はないし、それはそれで違うと思うから。




ぶっちゃけ、それほどかっこいい人間じゃないです。
いい音楽を広く伝えるために尽力したいが、だけど究極的には「自分の家族が今日食べられること」の方が絶対的に大事だ。
ただ、だからといって嘘はつきたくない。

だから、そういう次元で悶々としている。
それだけの話かも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。