スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜昼間に秋葉原


息子のパソコンが瀕死状態にあり、でも買い替えるお金がないというので、僕のカードを使ってローンで買うことになりました。
これからしばらく、やつは親に借金を払い続けることになります。
それも勉強。いいこと。




てなわけで、急いで選挙に行ってきてから、いきなり秋葉原へ行くことに。




$印南敦史の武蔵野日記




なにせ日曜日の午後でござんしょ?
わけのわからない生きものヘンな人たちがそこいらにうじゃうじゃうごめいている、意味不明な世界。
僕のイメージのなかの秋葉原はそういうところだったんで、「どんだけカオスな世界がそこにあるのか?」と、ビビリ半分恐いもの見たさ半分。




ところが意外に普通だったりして、ちょっともの足りなかったです。





$印南敦史の武蔵野日記
こういうカメハメハな人はいた。




でも、これまで全否定してきた秋葉原。
本音をいうと、ちょっと楽しかったかもです。
否定するのは簡単だけど、あの世界は受け入れて楽しんじゃった方がいいのかなって感じで。
まぁ、通うことはないだろうけど(ホントかな~ w)。




んで息子、無事にお目当てのパソコンをゲット。
本体とモニター、ふたりでひとつずつ持って帰ってきました。
ここんとこ関係が微妙だったのですが、ちょっと修復できたかもです(と思いたい)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■頻繁にブログ見てます

関係はどっちかが声をかけてれば、あとは時間が解決してくれるはず。俺も何回、一生しゃべらん!と思った事か。ちなみに、うちは無視するときつく叱られます。

2 ■ありがとうございます。

yoshioさん
温かいお言葉をありがとうございます。
おかげさまで、なんとか乗りきれそうな気配です。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。