スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週末はクラスターとevala


evalaの『ttm studies 08』。
数ヶ月前にタワレコで試聴し、もろにツボだったため即買いした作品です。





ttm studies 08/evala






それをここ数日、また改めて聴いている。
なぜまた聴きなおしているかといえば、今週末にライヴを体験できそうだから。




これですよ。









クラウト・ロックの先駆者的存在、クラスターの来日公演@unit。










Cluster 71/Cluster






(80歳近くってことで)おそらく最終公演となるであろうそちらも期待大なのですが、ここにevala氏も登場するんです。



ってなわけで、楽しみすぎな週末。
久しぶりで朝帰り必至。




ところでこういうことを書くと、ブラック・ミュージックのベースを持つ僕に共感してくれた人からは文句を言われたりもします。
数ヶ月前にも神戸のマイメンから「“ピー”とか鳴ってるだけの音楽、意味わからないですよ。ああいうのとブラック、どっちが好きなんだかプライオリティつけてください」と言われちゃったし(笑)。




まぁ、わからなくもないわな。
でも前にも書いたとおり、僕はどっちにも感動しちゃうんですよね。

evalaにもクラスターにもPansonicにも、明らかにグルーヴを感じるし。
それはヒップホップやR&Bのグルーヴとはまた違ったものかもしれないけれど、根っこの部分でどこかがつながっている気がして。



ここ重要だと思う。
たとえば、








クラフトワークにだって、めちゃめちゃグルーヴを感じるじゃないですか。
そういうことだと思うんだよなー。




Man Machine/Kraftwerk





なんか、とりとめがなくてすみません……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。