スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変なことが起きた!


大変なことが起きてしまいました。




恐れ多くて、僕のようなチンケな人間には会う資格もないような偉人とお会いしてしまったのです。




誰かって……





笑福亭鶴光さんですよ!




$印南敦史の武蔵野日記




僕の世代にとっての鶴光さんといえば、めくるめく淫靡な世界を教えてくれたです。



ぶっちゃけ我々の時代は、みんながみんな鶴光さんのオールナイトニッポンを夜のオカズにしていたんです熱心に聴いていたんです。



だから神に出会ったようなもので、編集部のO笠原氏からもツッコマれました。



「今日の印南さん、いつもと違いました。ただのファンだったじゃないですか」





ニンニキ……。





ちなみに内容は、6月11日発売の「昭和40年男」で明らかになりますよ。
いい話聞けたぞー。
乞うご期待ちゃん。







そして夜は、放送作家のM内氏と中野で飲み。
「陸蒸気」というお店に連れて行ってもらいました。

$印南敦史の武蔵野日記

$印南敦史の武蔵野日記



いんやーここ、魚がおいしくて最高!
こんど中野で飲むときは、絶対ここだ!



ってなわけで、いろいろ充実していたのかもしれない(その表現がスナオじゃねーよ!)一日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。