スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年11月30日(火)


午前中に目黒で用事があったので、幼稚園に娘を預けてきた妻と外出。
用事をすませたあと、休館中の庭園美術館脇の「cafe 茶洒 kanetanaka」でランチ。




$印南敦史の武蔵野日記




ここは「金田中」という料亭が手がけているお店だそうで、ちょっとおいしいんですよね。
お昼の目黒のお楽しみ。




$印南敦史の武蔵野日記

$印南敦史の武蔵野日記




久しぶりに妻とゆっくり過ごすこともでき、満足でした。
隣のミュージアム・ショップはクリスマス・モード。




$印南敦史の武蔵野日記

$印南敦史の武蔵野日記




なんか、妙に気になったのはこれだ。

$印南敦史の武蔵野日記

$印南敦史の武蔵野日記




ともあれ、なかなかいい時間でした。
リフレッシュできたし、「さあ、午後は仕事だ!」と意気揚々と帰宅。




そしたら、飛び込んできたのは、数ヶ月前からすい臓がんで苦しんでいた叔父の死の知らせ。
母によれば、13時ごろにひとりで亡くなったのだとか。
ということは、僕が目黒での時間を楽しんでいたころかもしれない。
ものすごく心が痛みました。



母の弟で、ドラマや映画の製作をしていた人。
ずっとイサオちゃんと呼んでいました。
僕が小学校低学年のころは『太陽にほえろ』の助監督をしていて、「太陽B班のY原ですけど」とか電話で話す姿を見て、かっこいいなあと思ったりしていました。



ただ、ものすごく近い存在だっただけに、申し訳ないこともたくさんしてきて。
荒れていた10代のころには、兄貴ぶる態度が気に食わず、罵声を浴びせかけ傷つけてしまったり。
のちに頭を下げて謝ったけれど、ずっとそれが気になっていた。
だからこの先も、何度でも謝ろうと思っていた。
でも、もうそれもできなくなってしまったわけで。



享年65。
どう考えても若すぎますよね。



ツイッターにも書いたとおり、自分の気持ちをいまだに言語化できないんだけど、いろんなことが頭を駆け巡っています。




ひとつ思ったのは、僕もあと17年でその年になってしまうということ。
うまく言えないんだけど、いつか来るその日までに、ひとつでも多くのことをしておこうと感じました。



イサオちゃん、どうか安らかに。
スポンサーサイト

週刊文春「新・家の履歴書」を担当しました


ツイッターでは告知してましたが、久しぶりに週刊文春の人気連載「新・家の履歴書」を担当しました。



文藝春秋/週刊文春 2010年12月2日号




数年ぶり。
今回取材させていただいたのは、Dr.コパさんです。
話がとてもおもしろく、いろんな意味で予想外な方でした。




$印南敦史の武蔵野日記
ゲラ。
これをチェックする時間が、いちばん楽しい。




ともあれ、ぜひ読んでみてください。

「太陽のトマト麺」が愛らしい件


今日の朝刊に「太陽のトマト麺」というラーメン店のチラシが入っていたのですが、これがなんとも。




$印南敦史の武蔵野日記
クリックで拡大



なんと、この時代に全手書き。
しかも、それを版下にしてちゃんと印刷してあるんです。
印刷する意味があんまりない、とか言ってはいけません。



一生懸命感がバシバシ伝わってきて、なんだか逆説的に愛らしい。
上のカコミの微妙にデザインしてる感じとか、アバウトにもほどがある地図とか、味わいありすぎ。
チェーン店とは思えないDIY精神です。



ここのラーメンは一度だけ食べたことがあり、個人的にはちょっと……な感じだったのですが、なんだか憎めないのでまた行ってあげたくもなりました(と言いつつ、きっと行かないけど)。



しかしそれ、考えてみるとすごい広告効果だな。

下品ですみません


娘が幼稚園で栽培したのだというサツマイモのかたちがファンキー。





$印南敦史の武蔵野日記




特に左のやつは、裏返すとファンキー・プレジデント。





$印南敦史の武蔵野日記







…………なんかこう……いいトシして下品ですみません……。

恐ろしい寿司


ムスメと西友へ行った際にせがまれ、こんなものを買わされました(娘に甘い父親)。




$印南敦史の武蔵野日記




メーカーのサイトによれば、『お子様の豊かな創造力を育む「知育菓子」』だそうです。
お寿司を作るお菓子(ヘンな日本語)だそうです。
で、どうせ再現力はたいしたことないんだろうなと思いきや、




この完成度。




$印南敦史の武蔵野日記



すごいねー、本物の寿司みたいだねー。
けど問題は、これが




グレープ味だという事実。




……おそろしや。

久しぶりの銀座(休日昼ヴァージョン)

午前中にコピーの仕事を終えてリヴィングに顔を出したら、妻と息子が午後のことについて話し合っていた。
思春期の息子と過ごす時間は減りつつあることだし、たまには家族でどこかへ出かけようということらしい。



「みんなで自転車で、西荻のこけし屋にランチ食べに行こうか」ということだったので、それはいいねと同意してからまた自室へ。



そしたら10分ぐらいしてから、部屋に入ってきた妻が言うのでした。






「決まった。つばめグリル。それも銀座の」






……あの、すすすいません。つい数分前に西荻のこけし屋と聞いた気が……。






その飛躍っぷりって、なんですか?






僕を除く全員がB型の家族は、発想が奇抜すぎて笑えるアルヨ。
しかしまあ、そんなわけで銀座のつばめグリル(本店が工事中だったのでGINZA COREの方)で食事し、久しぶりに銀座を散策してきました。




$印南敦史の武蔵野日記
すっかりクリスマスな雰囲気。




$印南敦史の武蔵野日記
だけど、おじさんがハーモニカを吹いていたし、




$印南敦史の武蔵野日記
虚無僧が修行してもいた。




そして謎のキャラクターは、
$印南敦史の武蔵野日記





$印南敦史の武蔵野日記
うなじ部分に肌着のTシャツが見えていて、生活感ありすぎでした(画像クリックで拡大ちゃん)。





でも写真を見る限り、ほとんど銀座的なものには目を向けていませんな。
それはともかく、





$印南敦史の武蔵野日記
博品館にリカちゃんのディスプレイがあったので、娘が大喜び。





……でも……




$印南敦史の武蔵野日記





……え……





$印南敦史の武蔵野日記





……ええッ……





$印南敦史の武蔵野日記




恐!

ピアノが届きました


娘がピアノ教室に通いはじめました。
で、やっぱり必要だろうということで、経済的には苦しい選択であったがピアノを購入。
んで今日の午後、そいつが届きました。





$印南敦史の武蔵野日記






彼女が産まれるまで、僕は自分に娘ができるだなんて考えたこともなかったし、「持つなら息子だけでいいや」ぐらいの気持ちだった。



のだけれど心のどこかには、自分の娘にピアノを習わせたいという願望が隠れていたみたい。
我が家の一員になったピアノを目にして、そう感じました。






ところで、運送屋さんが置いていった納品書に驚愕のフレーズが。
「ヤマハから商品を届けました」ということなのだろうが、そこに書かれていたのは……






$印南敦史の武蔵野日記






ハマヤ。








……ヤマハのピアノを買ったつもりが、模造品のハマヤをつかまされていたのか……。
北朝鮮製か?(って、そんなことはないよ、たぶんね)。





ともあれ買った以上、娘には上達してモトをとってもらわないとな(って、そういうセコい考え方ですか!)。
せめてファジル・サイぐらいにはなってください(あー、それ絶対に無理だね)。




かっけー!





ブラック・アース/サイ(ファジル)

尖閣諸島衝突映像

削除されまくってるみたいだけど、やっぱりこれは自分の目で見て確認しておかなくちゃね。













そして今日も、近所の中国女がうるさい……。


【追記】
この記事をアップしてからテレビつけたら、すでにガンガン放送されてましたな。

P社の新製品雑誌広告コピー考えちゅう


頭をひねりつつ、ニューヨークのアヴァン・ユニット、Zsの「New Slaves」を流していた。
よい刺激。



New Slaves/Zs




そしたら妻が入ってきて、





「こういう音楽なの? 洗濯機が壊れたのかと思ったからやめてくれない?」





やめないけど、まぁ、言い分はわからないでもないわな。



一ヶ月後に再検査


健康診断の結果を聞きに行った際、待たされまくった待合室で発狂するかと思った印南です(基本、小心)。
肝臓がアレで……。


まぁ結果的には、すぐ死ぬようなことはなさそうだったので安心しましたが。
念のためとはいえ、




一ヶ月後、再検査だけどな。




格言にもあるように、オッサンにはなりたくないものである(そんな格言はない)。




さて、とりあえずは安心だと思って気が楽になり、帰りは荻窪北口・教会通りをスキップしてみました。
そんなの嘘に決まってますが、ふらふらとブックオフに引き寄せられて時間を浪費してしまいました(忙しいのに)。




250円CDコーナーでは……




$印南敦史の武蔵野日記
ワム!のリミックス・アルバム。
この時代のリミックスは本当におもしろいので、これは買いだ。




$印南敦史の武蔵野日記
アップタウン・レーベルの重鎮、エディ・Fのコンピ。
90's R&B/ヒップホップの名作。
アナログしか持ってなかったし、それもずいぶん前に処分しちゃったから購入。
懐かしすぎて死んだ。




$印南敦史の武蔵野日記
ビースティー・ボーイズのセカンド『Paul's Boutique』。
これもアナログしかもってなかったから購入。
駄作といわれる作品だけど、「Hey Ladies」が大好きなんだよねー。
クラブでもよくかけてた。





ところがこれは、



中身違い。



開けてみたら『Root Down』だったよ。
ふざけるなブックオフ!




ちなみに、文庫本の100円コーナーではこちらを発掘。




$印南敦史の武蔵野日記

$印南敦史の武蔵野日記




……48歳にもなって、幼稚じゃねえか。
いや、昭和の文庫本って好きで好きで。

ウグ……


阿佐ヶ谷の裏通りに,業務用品のお店を見つけましてな。




$印南敦史の武蔵野日記




業務用品って,妙にそそられるじゃないですか。
なんかスペシャルなアイテムがありそうな感じで(予測はたいてい外れるけど)。

ってなわけで潜入!




$印南敦史の武蔵野日記

このソース入れは定番ですね。
ただ、業務用品には「意外におしゃれ」なものも少なくないけど、これを日常生活に取り入れたら間違いなく貧乏くささ1000000000%ですね。




$印南敦史の武蔵野日記

ポテトマッシャー。
王道。
でも、別にいらない。




$印南敦史の武蔵野日記

書体(の足もと)が素敵な、その名もオカカ。
ヒネリなし。
それに鰹節を削るなら、木の箱のやつがいいよね。




$印南敦史の武蔵野日記

ツマカッター
これは(ネーミングだけ)ちょっとかっこいいかも。
「つま一番」で登録商標取ってるあたりも意味不明でよい。



とはいえ、



これには勝てないよなぁと思わせたのが、




$印南敦史の武蔵野日記


ウグちゃん


ウグイス限定ってのがシブい。
けど、2000円は高い。

さらに、『森崎書店の日々』に関して


前にご紹介した映画『森崎書店の日々』の公開がはじまりました。



何度もいうけど、絶対にオススメですよ。



で、実は前にここで取り上げてから、ちょっとうれしいことがあったんです。
試写会を観て感激しまくったので、ただ想いを伝えるためだけのために配給会社の方へメールを送ったら、パンフレットに寄稿してくれとの依頼をいただけたんです。



お会いしたこともないのに、うれしかったなぁ。
で、今日、現物が届きました。




$印南敦史の武蔵野日記




うれしいなあ。
ちなみにその配給会社のS藤さん、依頼を受けたときに電話でお話ししたら、偶然にも同じ町内!
ってなわけで、近いうち飲もうということになりました。
こりゃまた楽しみだ。

ってなわけで、一作の映画を通じて、人との出会いって不思議なもんだなと思った次第。




キケンな宅急便


なんの変哲もない宅急便ですね。
こんなもの写真に撮って、なんの意味があるのかという感じです(すみません)。





$印南敦史の武蔵野日記





前からも見てみましょうか。





$印南敦史の武蔵野日記





……え……な、なんか書いてある……





$印南敦史の武蔵野日記




……よく見てみよう……。




$印南敦史の武蔵野日記





こ、こわいよう!




$印南敦史の武蔵野日記
運転手さん(イメージ)。
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。