スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てるてる坊主をいただきましたが


さっき娘が乱入してきて、てるてる坊主をプレゼントしてくれました。



印南敦史の武蔵野日記



部屋を出て行ってから、妻に「喜んでたよ」と報告している声が聞こえました。
が、ティッシュペーパー製なので、


保管の仕方がわかりません。
スポンサーサイト

理由が知りたい


なぜエジソンなのか。




印南敦史の武蔵野日記

阿佐ヶ谷の「子どもの本や」


用事で阿佐ヶ谷へ行ってきた今日、妻がいい店を教えてくれました。

印南敦史の武蔵野日記

児童書店の、その名も「子どもの本や」。
小さな店だけどいい本がたくさんあって、とても気に入りました。




印南敦史の武蔵野日記
今日の収穫。
ヘレン・バナマン/ブラック・サンボくん 子ども文庫の会
瀬田貞二/幼い子の文学 中公新書


ちびくろサンボの絵本はうちに何種類かあるんだけど、これは持っていなかった。



ちなみに隣の店はペットショップで、

印南敦史の武蔵野日記



店頭にいるオウムのるりちゃんは人気者らしいよ。

印南敦史の武蔵野日記




正面のお店もインパクト大きかったです。

印南敦史の武蔵野日記

僕がレベッカである必然性について

友人のJAMAが、ブログでこんなものを紹介していました。



名前を入力するともしキャバ嬢だったら
どんな感じになってるか表示されます



って、
そもそも、その発想がわからない。




ともあれ、やってみたトコロ、

印南敦史の武蔵野日記



俺、46歳にもなってレベッカか……。



IV~Maybe Tomorrow/レベッカ

レベッカ違い。




できればキャサリンがよかったです(理由なし)。




あと店名は、できれば『ワイルドランド』よりも『ワイルド・スタイル』希望。

Wild Style: 25th Anniversary Edition/Original Soundtrack





で、他にもなんかいろんな昨日があるのだが、徹底的に意味わからない



印南敦史の武蔵野日記

べ、別に兜いらない……。




印南敦史の武蔵野日記

大吉はいいのだが、ラッキーアイテム「ブラ(Cカップ)」って……。
しかも、月ごとに成長と怠慢を繰り返しますか(当たっていなくもない?)。




印南敦史の武蔵野日記

そ~れはないね。
異常なくらいに愛想よすぎる人、苦手なもんで。




そんなことより、問題はこれだ。

印南敦史の武蔵野日記




絶対にいやだ。
というか、徹底的に困る。

バスルームに


こういう意味不明なおもちゃが置かれていると、「うちにはちっちゃい子がいるんだなぁ」と思って妙にナゴむ印南です(しかし46歳)。


印南敦史の武蔵野日記

『親不孝三十房』、絶対聴いとけ!

何度かブログでも紹介してきた福岡のヒップホップ・グループ、Natural Nine NationのラッパーWHATSMANから、NNN待望のファースト・アルバム『親不孝三十房』が届いた。



印南敦史の武蔵野日記


いや~、とうとう出ましたか!
正直なところ、アルバムはたぶん出ないだろうと思っていたのだ。
そりゃ出してほしかったけど、結成11年目の昨年にようやくシングルを切ったぐらいだから。



でも、ちゃんとやってたんですね。
しかも、思っていた以上にクオリティが高い。



印南敦史の武蔵野日記



このロゴ・マークからも想像できるとおり音もウータン・クラン色濃厚だけど、これは上質なオマージュとして成立すると思う。




というか、そーいう理屈以前に聴いてたらどっぷりハマッてしまった。
今日は落語についての原稿を書いていたのだが(詳細は後日)、BGMはずっとNNNだったというアンバランスな状況。


音もよくできていて、特に僕はOlive Oilのトラックが好きだな。
最近、グループ内貯金を横領したらしいDJ Aのコスリもいいね。
リリックについては、インナースリーヴにあったWHATSMANの「この街とMICに俺はもう少し用がある」ってフレーズが刺さった。いい表現。


印南敦史の武蔵野日記



でも大人数のグループだし、他にも聴けば聴くほどいろんなことが刺さりそうな予感。




ここ数年、ヒップホップの本質をいまも維持しているグループは地方に多いんじゃないかと感じてきた(NNN以外にも、地方にいくつか気になるグループがいるし)。
で、結果的にNNNはそれを証明してくれた気がする。



いや知り合いだからというわけではなく(実際のところ会ったことはないしね)、ウータンのころのヒップホップを通過してきた人なら絶対に聴いてみるべきだと思う。




親不孝36房/NATURAL 9 NATION





それにしても、なぜ自分がここまで熱くなっているのか、いま考えてみた。
音のクオリティもさることながら、懸命に生きてるやつって好きなんですよね。




印南敦史の武蔵野日記

ちなみに右がWHATSMAN。
左がリーダーのAU。



Freshness Warner

昨日はワーナー・ミュージック・ジャパン主催の「Freshness Warner」へ行ってきたのでした。
同社のコンヴェンションは今年で4回目ですが、年々規模が大きくなっている気がします。



印南敦史の武蔵野日記

受付でチケットといっしょにマスクをくれました。
そういうご時世。
誰もつけてなかったけど。




印南敦史の武蔵野日記

席には、資料がたくさん詰まったトート・バッグが。
中身はこんな感じ。




印南敦史の武蔵野日記

コンヴェンションですからおもに資料ですが、クッキーとかミネラルウォーターとかも。
傘がなかったので、折り畳み傘には助かりました。


閉じないので困りましたけど。




それはともかく売り出しアーティストを紹介するための催しなので、毎回いくつかのライヴが披露されます。



今年はスウィートボックスとか馬場俊英さんとかロッカ・トレンチとか、あとトリで絢香とか。
4年前、まだ高校生だった絢香がガチガチになりながらこのコンヴェンションに出た日のことを思い出してしまいました。



で、昨日もチョロッと書いたんだけど、予想どおり出てきました来日中のグリーン・デイ。
挨拶だけだったけど、笑わせてくれておもしろかったです。




ここに記事と写真が載ってたよ。




懇親会では馬場俊英さんや、あとひさしぶりにロッカ・トレンチとも会えたし、楽しかったです。
いい気になって、帰りはまた行きつけのバーでワインを飲みすぎました。

ワーナーの

印南敦史の武蔵野日記-Image107.jpg
コンベンション会場に到着。なんとステージ前から三番目の特等席。今日は、あのバンドが出る気がしています。

ニュージーランドみやげ


老いてますます盛んな母が、ニュージーランド旅行からホクホク顔で帰ってきました。
やはり、女性は強いね。




なんだかまたいろいろ買ってきたのだが、たとえば

印南敦史の武蔵野日記

はちみつ各種。
毎朝ヨーグルトにはちみつをかけて食べているので、これはありがたい。




印南敦史の武蔵野日記

マオリ族のCD。
これも、なかなか快適。




でも、帰りの機内からいろいろ持って帰ってこないでください。

印南敦史の武蔵野日記

キウイのクッキー。
とかならまだわかるのだが、





印南敦史の武蔵野日記

そばつゆ持ち帰ってどうします?

昨日は新宿で

昨日の夜、パークハイアット東京でドライジン「BEEFEATER24」のローンチ・パーティーがありました。
ここんとこ景気のいい話をまったく聞かなくなってしまったので、久々の華やかな雰囲気を心地よく感じました。


印南敦史の武蔵野日記


おいしかったのでつい、ジントニックを10杯近く飲んだ気がします。
42度らしいんだけど。


印南敦史の武蔵野日記


途中、カリスマ・バーテンダー(なんだそりゃ?)だというニック・ストレンジウェイ氏が登場してカリスマっぷりを披露。
しかし、すごい名前。


印南敦史の武蔵野日記




終了後は話をしたいという知人と合流し、前にARROWSに連れて行ってもらった生ビール180円の居酒屋で乾杯。

印南敦史の武蔵野日記

印南敦史の武蔵野日記



彼の人生について、ちょっといい話を聞きました。
よかったよかった。

(いまさら)ロクセットを聴こう!

それで昨日の「鳥もと以後」ですけど、ブックオフに行ったわけですよ。


って、行動範囲、広がりませんか?(ません)



というのも先日のミリ・ヴァニリがそうであるように、なんだか最近、80年代後半から90年前後ぐらいのチャラい音楽が懐かしくってたまらないわけです。




で、今日のお目当ては

印南敦史の武蔵野日記



ロクセットでした。



実をいうと当時、僕はかなり意識的にこのグループを避けていました。
いま思えばアホらしいのですが、ダサいので認めてはいけないような気がして。



とはいえラジオでかかりまくってたからいつの間にか刷り込まれていたわけで、ここ数年は特に、いきなり「ロクセット聴きてえ発作」に悩まされることが少なくなかったわけだ(やな発作)。




印南敦史の武蔵野日記

ベスト盤とライヴしかなかったので「オリジナル盤がよかったなあ」と一瞬悩んだが、考えてみればオリジナル盤に執着しなければならないほどこのバンドを聴いてきたわけではないのだ。

てなわけでベスト購入。
でね、



感動した。



“The Look”狙いだったんだけど、“Joyride”あたりも含め、「ああ、これもあったよなあ」と懐かしさを感じさせるいい曲ばっかり。



いまどきロクセットで興奮している人間が、少なくとも杉並区内に僕ぐらいしかいないであろうことは認めよう。
でも、ちょっとビックリしている。



The Look




Joyride






ちなみに、まだ活動してるみたいなんでビックリしました。

荻窪散歩日記


昨日の夕方、ちょろっと時間が空いたので駅前を散歩してきました。
4時からやっている安い立ち飲み屋の「やき屋」が前から気になっていたので、行ってみることに。


が、ここレベル高すぎ。


だって店内、開店直後なのに満員。
飲めるスペースがないので、後日もっと早い時間に挑戦してみることにした。




で、無難に鳥もとへ移動。
ところで、やき屋と鳥もとの中間くらいにあるこのお店、

印南敦史の武蔵野日記

ライヴハウスではなくてライスハウスです(わかってらい)。





印南敦史の武蔵野日記

鳥もとは寒い季節のビニールシートが外されていて、あの開放感が戻っていた。



印南敦史の武蔵野日記

印南敦史の武蔵野日記

生ビールとネギマで至福のひととき。
でも長居はせず、ほろ酔い気分で次の目的地へ(つづく)。

聞こえてきたことと流行っているもの

いま仕事している最中、娘が妻に訴える声が聞こえてきました。






「早く読んでよ、オバケのきんたろう」




これこれ。

きんたろう (日本の民話えほん)/さねとう あきら





しかも、

「いま流行ってるらしいよ」



そ、そうだったのか。
全然知らなかったぜ。








ナウなポスト

青梅街道にて。


印南敦史の武蔵野日記

あの……


ポストにカラーコーンが乗ってる意味って、全然わからないんですけど。



しかも、不自然じゃない。
むしろ、ちょっとキマッてる。




さらに後ろにまわると、

印南敦史の武蔵野日記




「それがなんであるか」さえ理解しづらくなってくるんですけど。





赤鬼くんですか?

新しいデスクトップ

デスクトップ画像を娘の写真に替えてみたところ、「息子が嫉妬する」と妻からいわれました。
それもそうだな。
あの男は「親なんか関係ねー」みたいな顔してるくせに、ときどき嫉妬したりするのだ。



それが思春期。




んで、「じゃあ兄妹で写ってる写真にしよう」ということになったのだが、息子が写真を撮らせないので使えるものが極端に少ない。

結果、数年前の法事のとき叔父が撮ってくれた写真が採用となりました。

印南敦史の武蔵野日記



だから、いま僕は墓地を見ながら仕事をしています。



ちなみに娘の後ろに写っているのは自爆霊ではなく、僕の頭です。

いまさらミリ・ヴァニリについて

こないだブックオフの100円コーナーで見つけたCDのなかで、なによりもヤバかったのがこの2枚だ。


印南敦史の武蔵野日記


ミリ・ヴァニリの『Girl You Knoe It's True』と、ザ・リアル・ミニ・ヴァニリの『The Moment Of Truth』。



Girl You Know It’s True/Milli Vanilli




ウケ狙いではない。本気で言ってるんだぞ。



1989年の前者はグラミー賞をとったが、のちに歌っていたのは別人だったことが発覚してグラミー剥奪。
んで影武者を演じていた面々が、「俺たちこそリアル」とリリースしたのが1991年の後者。



つまり加勢大周と、新加勢大周みたいなもんです。(違うか? たとえが古いし)

印南敦史の武蔵野日記



どうあれ、そういう茶番はともかく、この2枚って音楽としてのクオリティは非常に高いと思うんですよね。
ヒップホップの楽しさを、うまいかたちでポップの領域に落とし込んでいるから。

そういうことは、きちんと評価した方が気持ちいいと思うんだよなー。


こっちが加勢大周。


こっちが新加勢大周。



僕はいま聴いても興奮できるんだけどな。



ただね、思ったことがひとつ。
買って帰ってきたら、「¥100」のシールの下からこれが出てきたんですよ。

印南敦史の武蔵野日記



内容のよし悪しはともかく、これを中古で1000円で売ろうというのはまた問題が違う気がする……。

阿佐ヶ谷探検シリーズ・2

青梅街道を新宿方面に進むたび、この看板にはウケていたわけです。

印南敦史の武蔵野日記




が、ここが「卓球道場」だとは知りませんでした。

印南敦史の武蔵野日記



道場破りをする人はいますか?(知るかよ)

最近よく聴いてるアルバム2枚


印南敦史の武蔵野日記



アクロン/ファミリー『セッテム・ワイルド、セッテム・フリー』
3作目。4人組だったものの、前作『Love Is Simple』の録音終了後にギタリストのライアン・ヴァンダーフーフが仏門に入るために脱退(味のある話)。で、今回からトリオ編成。

でも、この音の密度ったらすごいす。ファンク、アフロ、サイケデリック、フリー・ジャズなどなど、あらゆる要素が複雑(だけど不思議とポップに)絡みついてて気持ちよすぎ。

セッテム・ワイルド、セッテム・フリー/アクロン/ファミリー






手前
ジム・オルーク『アイム・ハッピー・アンド・アイム・シンギング・アンド・ア・1・2・3・4~デラックス・エディション』
2001年にオーストリアの“Mego”レーベルからリリースされたラップトップ・アルバムに、未収録曲を加えた2枚組。

純粋に素晴らしい。電子音楽としての可能性が、ひとつひとつの音に反映されている。
それに、単純に聴いていて和む。ここ数週間、仕事のBGMはずっとこれ。
誤解を承知でいわせてもらうが、存在価値として「ブライアン・イーノ『ミュージック・フォー・エアポート』の2009年版」だと思っている。少なくとも僕にとっては。


アイム・ハッピー・アンド・アイム・シンギング・アンド・ア・1・2・3・4~デラックス・エディション/ジム・オルーク

阿佐ヶ谷探検シリーズ・1


昨日、ある仕事のためにチャリで阿佐ヶ谷をロケハンしてきたんです。
思いっきり隣町だし、いまさらって感じなんですが。

んで気づいたら、仕事のためのロケハンよりもヘンなもの探しに夢中になっている自分がいました。



その1。

印南敦史の武蔵野日記

ネーミングがこうだから、逆にコワい気がするのは僕だけ?
中、全然見えないし。


それに、

印南敦史の武蔵野日記

隣はトマトだし。

サトちゃん各地で奮闘中


ある薬局でみつけた佐藤製薬の「サトちゃん」、



印南敦史の武蔵野日記

あ、頭、ケガしてる……。

絆創膏が痛々しい。
なのに笑ってて、どこか切ない。




数時間後、別の薬局で発見。

印南敦史の武蔵野日記

「でも冷静に判断して、この帽子はちっとも似合ってないなあ」と真剣に考えていた印南(46歳)だが、そんなとき、どこかから視線を感じたのだった。



もうひとりいたんです



印南敦史の武蔵野日記

しかも、そんな物陰から……。

なんだか、すごくいじらしいんですけど!

こっちは帽子も似合ってるぞ。

またブックオフの100円CDの話ですが


エリカ・バドゥの『ママズ・ガン』があったんですよ。
家にあるはずだけど、ダブッても100円ならいいやと思って購入。

印南敦史の武蔵野日記



ところが、帰宅後に開けてビックリ。



印南敦史の武蔵野日記

中身はイン・シンク。



えらい違いだなあ。
でも100円ごときで、「中身違ってました!」と怒鳴り込むのもかなりナンだ。
それに売れたアルバムだけあってよくできており、いまでもけっこう聴けた。
だから、まあいいかなと。



なんか、笑えましたし。




Mama’s Gun/エリカ・バドゥ


ノー・ストリングス/イン・シンク



今日の古本


印南敦史の武蔵野日記

2歳から9歳まで こどものことば/ぐるーぷ・エルソル編 100円

玖保キリコさんのイラストはさすがに古くさいが、内容的にはなかなか。




晶文社のこのシリーズって、かなりポイント高いです。

印南敦史の武蔵野日記

印南敦史の武蔵野日記

印南敦史の武蔵野日記

サンボマスター山口隆さんと、数年ぶりに再会


しました。
S刊B春で取材したとき以来だから、3、4年ぶりかも。



他では聞けないような、非常におもしろい話を伺えました。
なにに掲載するかはそのうち。




「ブログ用に写真を撮らせてもらいたい」とお願いしたトコロ、「じゃあ印南さんの名刺を持って」と。

印南敦史の武蔵野日記

でもそれ、あんまり意味ない気が(笑)。



ともあれ、非常に楽しい時間でありました。
そして、取材終了後にうれしいひとこと。



「僕、印南さんの本を何冊か読んでますよ。『ブラックミュージックこの一枚』とか『あの日、ディスコが教えてくれた多くのこと』とか、すごくいい本じゃないですか」



予想もしてなかったから、すごくうれしかったな。

ブラックミュージック この1枚 (知恵の森文庫)/印南 敦史


読みなはれ。




印南敦史の武蔵野日記

こっちは絶版だけど、アマゾンの中古なら1円で買えるぞチャ~ンス!



中古を買われても僕は儲からないが、読んでもらえることの方が大切だから。




市ヶ谷帰り道画像。
印南敦史の武蔵野日記

そこまでダジャレにこだわる必然性を問いたい。
後ろに見えるのは「午後3時より営業の店 ひょうたん」だし。


って、そっちの方が興味ある。

この人形が


うちの娘にソックリな件。

印南敦史の武蔵野日記



また親バカですみません。

いまだから告白できること


ああ、またブックオフの話題かよ。



とか思わないでね(お願いします!)。




昨日、100円コーナーで買ったうちのひとつがこれなんですよ。

印南敦史の武蔵野日記



偉大かもしれない一発屋こと、クレイグ・マックのファースト・アルバム『project:funk da world』。
なんだかんだいって、ものすごく聴いたアルバムです。
クレイグ・マックがどうというより、イージー・モービーの音づくりがよくってね。






もう時効だから(ということにしといてください)白状するけど、僕にはクレイグ・マックとの面会をドタキャンした経験がある。



某誌でインタビューすることになっていたのだけれど、ものすごい渋滞に巻き込まれ。
機転を利かせた編集さんが代行インタビューをしてくれていたのだが、到着したのは約束の終了時刻5分前。



って、ありえない醜態!



当然の責任として本人にも謝罪したのだが、事情がよく飲み込めていなかった様子の彼は上機嫌の表情で腕を突き出し、ひとこと



ハァ~ッ!!



さすがだなと思いましたよ。




いま聴くと、かなりヤバいぞ(マジで)。

Project: Funk da World/Craig Mack


泣けてくるダジャレ

教会通りの鶏肉専門店にあったノボリ。



印南敦史の武蔵野日記



鳥(チョ~)うまい!!



なぜそこまでダジャレに執着するのか、考えるだけで泣けてきます。
けど、こういうものにツッコミをいれたくなるってのは、自分も似たようなものだというわけ。
つまり、



オヤジだ



ということです。



ダジャレばんざい。
オヤジばんざい。


開きなおるなよ。

今日のブックオフ

K文社のO畑さんと新宿で打ち合わせをした帰り、ブックオフへ。




毎日毎日ブックオフに立ち寄っている僕は、絶対にイカレていると思います。

昨日買ったCDもまだ聴いてないのに……。




印南敦史の武蔵野日記

……いうまでもなく、『ダンスホール・ラヴァーズ』の間違いです。
前に書いたとおり、このシリーズのライナーはすべて僕が書いています。



だからこういう間違いを見ると
ハラワタが煮えくり返り、
暴力衝動がわいてきて、
思わず店員に殴りかかりたくなり


なんてことは全然なくて、ひとりでウケてました。
だって、やっぱり笑える



ダンスヒル。



どんなヒルだよ?
踊るヒル、見たくないし。



ちなみに、これ最新作。
買いなはれ。

ダンスホール・ラヴァーズ・シーズン6~カヴァーズ・ベスト/オムニバス





その他、江上剛の文庫を何冊か購入。

印南敦史の武蔵野日記

ブックオフの100円コーナーが大変なことに!

取材の帰りにブックオフへ寄ってみたトコロ(またですかい)、100円CDコーナーが非常にヤバいことになっており。


ドンズバでハマりまくった(そしてずいぶん前、大量に処分した)90年代のR&Bやヒップホップが異常に安く出ていました。


そういう時代ですか?
90年代って、非常に重要なのにね。


おいおい紹介していこうと思っちょりますが、とりあえずいま聴いてるのはこれ。



印南敦史の武蔵野日記

Femme Fatale/Miki Howard



ミキ・ハワード作品のなかでは、比較的聴く機会の少なかったアルバムかも。
けど、改めて聴くと最高っすね!
これが100円だというのは、ほとんとアーティスト虐待に近いよ。

って、それを買ってんだから虐待してるようなもんですが。


グレイプバインに取材

午後に渋谷で、グレイプバインにインタビュー。



疾走(初回限定盤)(DVD付)/GRAPEVINE


このニュー・シングルについてるライヴDVDがすごくよかったので、すごく期待してました。
誠実な人たち。
いい話が聞けたのではないかと。



それよりも驚いたことがあって。
詳しいことは書けないけど、ヴォーカル/ギターの田中くんと我が家に、信じられない接点があった。
世のなか、狭いナリ。




取材場所近辺にて。

印南敦史の武蔵野日記



た、たまりません!(意味違う気が)



それにしても、宇田川町から人が減った気がしてならない。
レコード店の減少と人口密度のそれは、すごくストレートに結びついているように思った。



印南敦史の武蔵野日記

微妙なネーミング


印南敦史の武蔵野日記


「ブーボス」って、どーいう意味ですか?
検索フォーム
3055

印南敦史がプロデュースする
音楽レビューサイト
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。